韓中国際映画祭、リーン営建など参加…11月12日オリンピックホールファンファーレ

MFilOhB_o

第2回韓中国際映画祭(KCIFF, 理事長ゾグンウ)が来る11月12日オリンピック公園オリンピックホールで開かれる。韓中国際映画祭は去る一年上映された世界各国の映画を出品受けて審査及び授賞する映画祭に今年二番目だ。特に本の授賞式に先立っている韓中国際断編映画祭を通じて商業映画劣らない才能ある新人俳優及び人才を発掘授賞する。KCIFF ゾグンウ理事長は “去年サド(THAAD)の葛藤と悪材の中でも映画祭をやっと終わりつくして今年はその規模がもっと大きくなった”と “中国内で大きい呼応科関心を持っている位韓中国際映画祭がもっと発展して韓国と中国だけではなく世界人が一緒にするグローバル映画祭で成長して行くように努力する”と言った。今度第2回韓中国際映画祭には世界的なハリウッド映画関係者たちが大挙来韓することにして特別な注目を引いている。今度授賞式にはハリウッドを代表する ‘キングスメン’ シリーズのメティユ見た監督と、ジャックブリングクルリ監督、レーン。M 監督、マイカーで作家、俳優ロバートウッドが参加する。中国側での熱気はもっと熱い。中国トップスターと呼ばれる俳優リーン営建を含めて野菜本、協では、林志玲、映画監督兼プロデューサーTeddy Cha, 性巣用イ孝友などが参加を約束した。この中 ‘中国パク・ボゴム’と呼ばれるほど人気を享受するリーン営建は自国ファンまで大挙群がって来ると予想されている。彼ら海外俳優及び監督たちは韓国断片映画市場に対する格別の所見を明らかにした後見た授賞式に先立って進行される韓中国際断編映画祭にも参加する。韓中国際映画祭主催側関係者は “幾多のジレンマと条件の中で協助の姿勢を見せてくれた中国政府に感謝してミンガンウェギョチェックとしてこれから韓中国際映画祭は重要な拠点になることと見通す”とし “これから韓中国際映画祭がずっと今のような雰囲気の中で発展して行く姿を見守ってシブだ”と伝えた。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1736396.htm, 2018/10/26 17:21:06]