‘それが分かりたい’, ‘麻薬投げ’で麻薬事犯罪を被った ‘社債王’ 追跡

g5wCShB_o

SBS ‘それが分かりたい’が ‘麻薬投げ’という手法に一人を悲劇に追いこんだ ‘社債王’を追跡する。27日放送されるSBS 時事番組それが分かりたい ‘0.3グラムのわな、社債王と麻薬投げ’便では詐欺賭博で数億ウォンを失ったある男が麻薬事犯濡れ衣まで着せられるようになった悲劇を扱う。去る2001年非情な賭博版に携わった固相学(仮名) さんは賭博で数億ウォンを失った。しかしそのさんはお金を失った賭博版があらかじめ設計された詐欺だったことが分かるようになって詐欺賭博一党にお金を返しなさいといいながら要求した。何日後詐欺賭博一党はお金を返すとそのさんをソウルのある喫茶店で呼び出した。しかしその席で是非が起ってしばらく後登場した刑事たちが彼らを連行した。悲劇はまた始まった。警察に連行される中高さんの懐で0.3gのヒロポンが発見されて彼は ‘麻薬所持罪’で拘束されて有罪判決を受けた。そのさんは自分は麻薬事犯ではいやと言いながら抗言したが判決は変わらなかった。しかし7年後当時喫茶店でそのさんの懐に密かに麻薬を入れたと主張したチョン女史という人物が登場してこの事件は新しい局面を迎える。彼女は ‘社債王’ チェさんの運勢でそのさんに麻薬を懐に入れたと言う。一名 ‘麻薬投げ’をしたという証言だ。社債王チェさんは詐欺勝負師や緊急資金が必要な企業に高い利子を取りそらえてお金を貸してくれる1000億ウォン台財力家で紹介される。これに ‘それが分かりたい’ 側は “当時社債王チェさんが自分の事業に障害物になる人物たちをとり除くが ‘麻薬投げ’ 手法でとり除いて来て、そのさんだけでなく他の人物たちも同じな手法であったという情報提供が入って来た”と言った。また ‘それが分かりたい’と言うこの過程で申し立てられた強力組刑事との癒着関係疑惑も追跡した。’それが分かりたい’ 側は “情報提供者たちがチェさんと ‘野党(情報院)’の関係を長い間維持して多い事件解決実績をあげたという刑事を疑わなければならないと言った”と説明した。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1736450.htm, 2018/10/27 10:58:31]