もっとイーストライト告訴人の調査 “精神科治療中。..2次被害ないのを”

waxXPhB_o

所属社会長キム・チャンファンとプロデューサーに暴行にあったと主張したバンドもっとイーストライトメンバーイソックチォル・イ・スンヒョン兄弟が “すごく大変でつらい”とし “2次被害がないのを望む”と言った。イソックチォルとイ・スンヒョンは26日午後告訴人警察の調査を受けるためにソウル方背警察署に出席した。法定代理人であるお父さんと訴訟代理人停止席弁護士もお供した。イソックチォルは取材陣の前で “夢を持って成功するという意志で熱心に駆けて来た。たくさん悩み苦しんで大変だ”と言った。引き継いで “‘君たちののため過ちだ’ ‘君たちののため解体する’と言う脅迫を受けた”と告白して “うちの問題だけではなく児童虐待や人権硝子部分で他の被害がないように願う”と付け加えた。イソックチォルは “他のメンバーたちは私どもが今まで暴行と脅迫にあって来たことがすべて分かっている”とし “警察の調査を受けるという話を聞けば一番心痛がると思う”と言った。現在他のメンバーであるイ・ウンソン、ゾングサガング、イ・ウジン、ギムズンウックはメディアラインエンターテイメント(以下メディアライン)と専属契約解約を決めた。メディアラインは去る22日公式報道資料を通じて “メンバーたちの傷と未来を最優先で考慮してメンバー4人に対する専属契約を解約することが最善の方案という結論を出した”と明らかにした。イソックチォルはまた “会社で (暴言・暴行に対して) 駁しているが、私どもが今まであった部分は調査を通じて確実に指摘して思うことができるようにすること”と強調した。次席鉄衣弟(妹)イ・スンヒョンは “すごく大変でつらい”と心境を明らかにした。引き続き彼は “去る6月プロデューサーが4時間の間監禁暴行して頭に血が出るにもキム・チャンファン会長は ‘そよそよして’と言った”とし “その事が昨日の事のように明らかでとても恐ろしい”と言った。それとともに “精神科治療を受けている”と言った。イソックチォルは去る19日ソウル光化門弁護士会館でもっとイーストライトメンバー暴行被害記者会見を開いて “2015年から今まで約4年の間ムンヤングであるプロデューサーに暴行にあって来た”と明らかにした。イソックチォルはムンヤングであるプロデューサーがCCTVとガラス窓を選り分けて野球バットで尻を殴ったりその他並びを首に縛った後並びを繰り上げて首を栗だったというなど暴行内容を詳細に明らかにした。同時にキム・チャンファン会長がこれを座視したと暴露して衝撃を抱かれた。キム・チャンファン会長は “通ったおよそ30年の間幾多の歌手を掘り出して来ながらただ一番(回)も暴行を糸を引いたり傍助したことがないし、メンバーたちを教えたり訓戒したことはあっても暴言や暴行をしたことがない”と駁した。もっとイーストライトは ‘英材バンド’をコンセプトで2016年デビューした。メンバーイ・ウジンが ‘プロデュース101 シーズン2’で顔を知らせながら顔が売れたグループだ。キム・チャンファン会長は歌手キム・ゴンモ、シン・スンフンなどをスターに作った作曲家兼プロデューサーだ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1736398.htm, 2018/10/27 00:00:02]