“引退後移民行こうと思った”

bqTvXhB_o

http://news.tf.co.kr/read/entertain/1691440.htm よく大衆的イメージは作られることだが歌手キム・ジャンフン(51)は大体好き嫌いが明らかな色に彩色されて刻印されている。世の中人々が分かっているキム・ジャンフンは公演場で映る率直で真率なその姿とはちょっと差がある。なぜだろう。たぶんこれは ‘内方式私の意味どおり’を追い求めて来た彼の生の方式のためかも知れない。’寄付天使’と独島愛、そして機内喫煙と悪口論難などキム・ジャンフンはその間多い論難とイシューの中心に立った。まるでローラーコースターに乗るように賛辞と非難の変曲点を交差した。ひんぱんな論難の渦に落ちこみながら大衆との不便な関係も深くなった。キム・ジャンフンとのインタビューは筆者も多い悩みが必要だった。何より論難を引き起こす度に彼の言行を痛くてひりひりするように指摘したことがあるからだ。気迷いあげく会ってみたらそんな心配は繕った。キム・ジャンフンは “そうではなくても直接一度お目にかかりたかった”と堂堂と言い返した。(2017年5月24日付け、[ガングイルホングの演芸街クローズアップ] ‘悪口波紋’ キム・ジャンフン、搖れる ‘寄付天使’ アイコン) キム・ジャンフンが悪口波紋以後1年3ヶ月ぶりに大根どおり再び帰って来た。’きれいな言葉コンサート’という小劇場100日公演でファンと会っている。長い自粛の時間を経った彼は “すごく驕慢だった”と反省した。言うことが多い彼の本音を直接聞いてみることにした。キム・ジャンフンとのスペシャルインタビューは24日午後3時ソウル上岩洞社屋で2時間の間進行された。-‘キム・ジャンフン’と言う(のは)アーティストに対する大衆の評価は大きく行き違う。去年悪口論難以後想念が深かったようだ。その間空白が自粛の時間だったと理解すれば良いが。短い時間だったが歌手に歩いて来た過ぎ去った軌跡を深く返り見る良いきっかけになった。誓ってけれんなしに暮したと自慢するが外部に見えて評価されることは非常に違うのを悟った。その差を乗り越えて変えるしかないという現実を認める。まず物議をもたらして間違った部分に対しては弁解の余地がない。驕慢だった。謙遜で低い姿勢に変わった姿をお見せする。キム・ジャンフンは去年5月故(故) ノ・ムヒョン前大統領逝去8週期追慕市民文化祭で警察を言及して舞台の上で悪口をして波紋を投げかけたことがある。この部分に対して彼は “普段誰より警察官消防署員たちと呼兄呼弟しながら過ごす間なのでそんな出たらめな状況を作ったのが悔いが残ってもっと胸が痛む”と言った。-人々は見えるとおりにだけ評価するようになっている。世の中とのひんぱんなぶつかることはどんな理由のためだと思うか?事実が歪曲されていたら実際本姿が知りたい。理解ができないかも知れないが世の中に対する底意 ‘怒り’だ。過去私が本を出しながら ‘怒りは私の力’と書いたことがある。子供達が飢えるという事実がそのまま頭に来て、独島所有権を主張する日本の行動が容赦されなかったし、セウォル号みたいな出たらめな事故が堪えることができなかった。それで寄付をして、独島で公演をして、ペンモク港を二十の回ずつも行き交ってチキンを配達した。一所にその過程でも論難は作られた。しなければならない言葉としてはいけない言葉、見せてくれることと選り分けなければならないことを大きく気に止めなかったからだ。私の目標と基準は変わった。以前の私の基準が怒りだったらこれからは温みだ。-‘温み’なら以前にもボランティア才能寄付などを数えきれないほど多くして来た。芸能界 ‘寄付アイコン’でもある。その ‘温み’の意味をもうちょっと具体的に言ってくれ。隣りを助けることが無条件 ‘温み’と思った。ところでその一方ではまた他の怒りが位置した。誤ったことを指摘して改めることを要求してみると論難を避けることができなかった。いくら良い主旨で言って純粋な意味で行動してもその怒りの心を捨てない限りどんな純粋な分けもそのまま暖かいことで近付かないという事実も分かった。これから怒りは捨てて音楽とともに暖かい分けにだけ集中するつもりだ。-不意を堪えることができずに世の中の誤ったことに対して妥協しないことはお母さんの影響を受けるからだと言ったことがある。幼いごろからお母さん(金聖愛牧師)はなんでも自律に任せた。友達と戦って争うことを酷い目に会わしたことも、勉強を強要してみたこともない。ただ一つ絶対嘘をついては中ドエンダだった。また男として卑怯であったり汚らしかったり貧しい仕業はするなと言った。こんな影響を受けて暮して見ると “ひざまずくより立って死ぬ”と言う食あたりゲバラの言葉が好きになって、どの瞬間からそれが正解だと信じるようになった。キム・ジャンフンはお母さん金聖愛牧師の影響をたくさん受けて育った。赤ん坊の時からお父さんの存在が分からなくて暮したからだ。お母さんの強直さと放任型訓育は幼年の頃を経って青少年期自由奔放な生の土台になった。彼のお母さんは歌手故金ヒョンシックのお母さんであるリュジンフィ女史と私的に知りあいだったと言う。-公演を再開して観客の前にまた立った。過去チァムシル主競技場など超大型公演をたくさんしたが今度は小さい小劇場公演だ。どんな意味が込められているか?公演名称が ‘きれいな言葉コンサート’だ。去る8月末から来年5月4日まで予定された100回浪漫コンサートで企てたが本当に反応が良い。公演スタッフと長年の相議あげく小劇場公演を選択するようになった。一体の放送出演やそのほかマスコミ広報なしに純粋に口コミだけで導いて行くという意志の表現だ。少なくとも来年5月までは私の最後のチャンスだと思って初審に帰って真率な舞台を構えてみようと思う。筆者は久しぶりに彼の小劇場公演を直接見てからもう一度真面目を読んだ。舞台での熱情劣らず観客と交感する彼の真率さは無限共感だった。論難の中心に立つ度にひりひりする指摘をしながら見逃した部分に対しては個人的にすまないことも生じた。私的感情の込められた記事ではないという点を理解してくれたらと思う念願だ。-歌を中断して移民を行こうと思ったという話がある。流言かそれとも本当にそんな計画を持ったことがあるか?5~6年前くらいだ。ある瞬間音楽がうんざりして観客の前に立ってもこれ以上胸のときめきがなかった。昌原かどの地方公演の時はすることだけできたら観客たちにチケット値を戻してくれてあきらめたい位大変だった。以後苦しい懐疑を感じて結局歌手引退を決心して韓国を去ろうと思った。当時決行をしたことだ事ができなは家族たちのためだった。私一人便しようとお母さんとお姉さん、甥たちを皆私知らないだとできなかったからだ。-パニック障害を苦しんだ芸能界代表的な人物に知られた。そのため機内喫煙などの論難に巻き込まれたこともある。健康には問題がないか?あの以外にもイ・サンミンキム・グライ・ギョンギュさんなど多くの芸能人たちがパニック障害に苦しんだ。パニック障害は経験してみなくてはどうのこうの言えない位大変な苦痛だ。私も精神的心理的に非常に大変だった。今はパニック障害を乗り越えた。’完治’という言葉を性急に使いたくないが、この席を祈って健康を完全に回復したと敢えて言える。キム・ジャンフンは2015年1月15日フランスドゴル空港を出発して仁川国際空港に向ける飛行機で喫煙をしている途中摘発された。1月19日大韓民国検察はキム・ジャンフンの行為に対して航空保安法違反疑いで罰金100万ウォンに略式起訴した。当時彼はひどいパニック障害を病んでいて、極度の不安心理状態でトイレ喫煙をしたことで明らかになった。-キム・ジャンフンの音楽世界はどれか?大衆歌手として自分ばかりの特別な価値観があったら言ってくれ。自ら音楽世界を言及することはちょっとスックスロブダ。ただ音楽的土台は金ヒョンシックや柳ゼハで、ジョン・イングォン先輩と交感しているという外部評価を拒否したくない。誰も追い求めるスタイルと方向があるが私にはすべての基準が音楽だ。音楽に対する私の満足度は観客の反応に立証されて、観客の呼応がある限り永遠に舞台を発つことができない。ひとときは完璧なニヒリズムだったが今ではない。融通性を持てば皆が楽になるという真理を悟った。キム・ジャンフンは大学時代を前後した時期からジョン・イングォンと金ヒョンシックと柳ゼハを欽慕して憧れてミュージシャンとしての夢を育てた。景園大学校英語英文科時代1987年アングラライブクラブで歌手に活動し、学校の不当な処遇に反撥して集会に先に立って不利益を受けると自ら中退した。金ヒョンシックとメッセンジャーというグループで活動する1991年1集 ‘常に私たちの間には’を通じて正式デビューした。-公演係とエンター産業を言及しながらキム・ジャンフンという名前三字が占める比重を漏らすことができない。今後のどんな姿を期待することができるのか話してくれることができるか?大衆歌手に活動しながら多いことを悟って学んだ。永遠なことは何もない。山があればゴールがあるものと決まっていて、底を打てば公恩必ずほとばしるようになっている。私の振り撤く公演で観客だ。選択と集中、ただ歌だけでまた勝負をかける。余力になれば奉仕と分けることを添える。終わりになる今度 ‘小劇場100日公演’がまさにその始発点だ。大学路は演劇の象徴と同時に小劇場公演の本山だ。俳優抽象美のお父さんと同時に俳優かたがた製作者だった 故 チュ・ソンウンは今も劇界の伝説で残っている。お腹がすいている演劇舞台でそのまま演劇だけで自立した学んだからだ。チュ・ソンウンは ‘永遠な赤いピーター’だと呼ばれて1970年代小劇場神話を書いた。’赤いピーターの告白’は4ヶ月ぶりに6万余観客を動員するほどに話題を集め、チュ・ソンウン表モノドラマ ‘私たちの芸人’は1979年から全国を回って500回以上公演して23万5千余人の観客を呼び起こした。公演係ではキム・ジャンフンが素手で小劇場公演ブームを起こしてチァムシル主競技場5万名観客コンサートに引き続いた伝説で指折る。-悪口論難以後どうしていたか?孤立無援の心理的な不便さと一緒に経済的でも大変だったようだ。大変でつらかった位得たことも多い。一人だけの時間を過ごした良い機会だった。事毎心得の問題だ。何より心忙しさが消えた。以前に比べてむしろすごく余裕のあられて、どんな状況でも開かれた心で受け入れる姿勢がなっている。顧みればその間の多い論難は意図しても意図しアンアッドン自分の心忙しさが口実を与えたと認める。経済的には実は大変だった。普段にもしっかり握りしめて暮すスタイルではないが活動をしないから今すぐ生活が不便だった。難しい時お手助けになった知人たちがいる。この席を祈ってありがたさを伝えたい。放送人パク・キョンリムはキム・ジャンフンの親友だ。お兄さん弟(妹)のように楽な関係で交感するなかだ。パク・キョンリムはキム・ジャンフンが悪口論難以後大変な一日一日を送る間暖かい手を出した。キム・ジャンフンは “ギョングリムイが何を与えた。これが何なのと聞いたら ‘そのまま使いなさい’と言った。開けてみたら2000万ウォンが入っていた”と “その心がとても暖かくて必ずその以上に返す考え”と言った。-事業を始めたという話を聞いた。音楽活動と事業を並行すると言うのが易しくないんと言う(のは)気がする。そうではない。音楽活動をしながらも大きく成功する自信がある事業だ。衣類と化粧品関連業種なのにキム・ジャンフンと言う(のは)名前を先に立たせないで事業的成功を成したい。がっちり土台を掘り起こした後に公開する。このために音楽活動(公演)は週末3日だけでもすることにした。公演の質的水準(舞台音響照明)を高める代わりにチケット値は下がるのが自分の夢だ。完璧な経済的自立のために事業を並行することでこれは結局公演と分けの元肥になることで信じる。-大衆に寄付文化を善導した芸能人に刻印されている。その間おおよそ150億~200億ほど寄付したと知られた。ところでどうして論難で滲んだと思うか。分けて与える喜び位幸せなことはない。その幸福感を皆に知らせて積極同参するように願う心でもっと熱心に知らせたかった。その過程であらゆる誤解が生じた。周辺では ‘どうして配っても悪口を言われるのか’と言う言葉が出た。心は純粋だったが、方法や過程で青臭かった。他人達がどう思っても私さえ大丈夫ならば構わないと無視した。それが禍根だった。常に若い舞台を善導して来たと思ったがいつのまにか私も年が50歳をふらりと過ぎた。これ以上の論難はないだろう。キム・ジャンフンは直接寄付外にも科学発展のためにカイスト応援広告を私費で載せたりした。カイストはこれに対する報答でキム・ジャンフンのためのコンサート舞台装置を設計(設置) してくれて舞台装置に関する授業も実施した。独島を広報するために世界言論社に ‘日本海’で表記したことを ‘東海’ 表記で訂正要請をしたりウォルストリートジャーナルに ‘東海’ 表記が正しいという全面広告をやっぱり私費をはたいて後援した。ウォールストリートジャーナルは10年ぶりに初めて日本してみて先に東海と表記してその成果を認められた。彼はまた最初独島コンサートを一アーティストでも記憶されている。-サイ(パク・ジェサン)とはひととき仲がいい友情を分けた先後輩歌手によく知られている。公演などの問題で葛藤を経験した。今どんな間か?宰相(サイの本名)これは永遠な兄弟だ。会うことはできなくて過ごしたが断絶されたうちではない。今も連絡をして過ごすなかだ。この間に私が電話をした。兄さんである私が先に連絡してくれたところついてありがたさとすまないことで交感した。葛藤のように映ったことは音楽的に行く道が変わったからだ。その部分はもうずいぶん前にお互いに理解する部分だから名残惜しい感情はない。-サイのコンサートスタイルは本来キム・ジャンフンが援助という話がある。ジェスチャーや踊りなどをサイがベンチマーキングしたという話はあくまで事実か?すべて過ぎ去ったことだ。その部分も公演係で作り出した末日だけ、納得することができない。キム・ジャンフンのスタイルがあるようにサイばかりのスタイルがある。各各他のマスコミインタビューを通じて言葉が変わって誤解が生じたことだと思う。深い本音をいちいち打ち明けることができないため本心が歪曲される場合が多かった。なかでも一部は誇張された部分があるがいちいち説明して解き明かすのがもっと変なことだ。キム・ジャンフンとサイの不和説は歌謡界に広く知られたことだ。サイがキム・ジャンフンの ‘公演アイデアを模倣してスタッフをペガッダ’は主張だった。公演企画文化と著作権問題が頭をもたげたりした。その頃キム・ジャンフンは自分のソーシャルネットワークサービス(SNS)に “もうコピーちょっとやめたら”と言う(のは)文を書いたことがある。-ひとときサイと大韓民国公演文化を主導して来た立場(入場)で惜しいことはないか?サイは彼ばかりの独特の音楽ジャンルに全世界を荒した。’江南スタイル’を通じて寒流の真面目を見せてくれた。一所に頂点を付けたことは防弾少年団だ。サイがくべた寒流の熱気と認知度は今BTSがそっくりそのまま受けている。過去再相違が軍服務を終えた後全国ツアーで熱気を焼いた。当時私が企画課演出をしたが、その立場(入場)でなら惜しいことは多い。’江南スタイル’がゾルゾングイルテワールドツアー公演をしたらBTS 劣らなかったんと言う(のは)話だ。2000年代中盤以後公演係はキム・ジャンフンとサイが主導した。公演係売上げ1~2位を争った。ふたつは2009年9月一緒に公演企画社 ‘公演世の中’を設立した後 ‘キム・ジャンフン・サイのワンタチ’ タイトルで3年間全国を掌握した。ふたつの合同公演は年間売り上げ100億ウォンを記録するほどに大きい成功をしたりした。-五十を越した年なのにヨジック未婚だ。結婚や家庭を掘り起こす計画はないか?付き合ったり念頭に置いている方はいないか?音楽と公演に埋めて暮して見ると結婚を念頭にふたつ間がなかった。率直に告白するが付き合い中の女性はいない。そうするほどわき腹が寂しい。独身主義者ではないのに結婚をどうして厭うか。良い方ができたら破格的にまず同棲からしたい。ギムザングフンスロブゲ言葉だ。インタビュー途中筆者はキム・ジャンフンに過去一タクシー運転手に直接聞いたエピソードを聞かせた。深夜にタクシーをタゴがドンキム・ジャンフンが社納金も満たす事ができない大変な状況に難しい家庭事を聞いて妻にサブギョブサルでも私邸と言いながら10万ウォンを渡した。タクシー運転手はキム・ジャンフンを通じて初めで世の中の暖かい愛を感じたと言った。幸いにキム・ジャンフンは当時状況をぼんやり憶え出したがそのままにっこり笑うことで代わりをした。舞台の上のキム・ジャンフンは凉しさそのものだ。爆発的歌唱力ではなくても客席との隔意ない疎通だけで動感があふれる。暖かい胸、広い胸を持ったにも彼は常に論難に巻き込まれたりした。彼をよく分かる人々はそのため “彼のスタイルと性格上ちゃんと見えようとわざわざイメージ管理まではできないが最小限ありのままだけでも映ったらと思う”と言う。インタビュー間真率な本音を明らかにしたキム・ジャンフンは “すべてのものをすべて打ち明けてみたら自然にヒーリングになった”と言った。過去自分を取り囲んだ論難とごつごつした感じな質問にも隠さずに返事する誠意を見せた。世の中は見えるのが全部ではない。彼に会う前までかしげた疑惑も解けた。確かに変わった彼の姿を見て公演係 ‘援助ブルーチップ’の復活がマージなかったことを確認した。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1736476.htm, 2018/10/28 07:00:02]