‘ショミ’ 審査委員に学ぶラップ経験記(映像)

cELU2hB_o

“私は作も他地君のパク者右に出出して舞台は巫祭でまたその方がいらっしゃって丁寧に仕えて” /ディブプルロウの ‘究豆’ 中が区間だけ何番(回)が一杯だったのか分からないです。自ら感じて体験すること位良いことがなくて直接ラップを学んでみました。ヒップホップをまともに感じてみたかったんですよ。それでMnet ‘ショー・ミー・ザ・マネー777’で審査委員に出演中のラッパーディブプルロウに会って彼の代表曲である ‘究豆’を学びました。ディブプルロウはラップに ‘ㄹ’も分からない私にラップを知らせてくれなければならない状況が狼狽したでしょう。私が口を開くやいなや途方に暮れて頭を下げたんですよ。確かに易しいと言った部分だったが私には本当に易しくなかったです。心はラッパーなのに身がよってくれなかったんですよ。本当に狂うことでした。それでもディブプルロウはきちんきちんと知らせてくれました。拍手を打ちながらですね。私があんまり音痴、パクするの、モムチだとラップをするのが本当に易しくなかったです。リズムも食い違いで乗っているということを身が強く感じました。ディブプルロウは “普段好きな歌の中にアイドル歌でもなんでもラップパート歌う時声と歌えば良い”とし “自信あって強く呼びなさい”とチップを与えました。確かに頭では理解したが身は理解ができなかったようです。知らせてくれるとおりすると言ったがめったによくならなかったです。初句節の家事である ‘私は作も他地’だけ何回叫びました。こんなにしていて本当 ‘作も乗る’ たかったです。結局ディブプルロウは言いました。”才能がないようだから違うのを捜してみてください。ラップは一番(回)に学ぶことができません。”そうです。ラップは一番(回)に学ぶことができなかったです。しかしいつか ‘究豆’を完璧に呼ぶ日を期待して着実に演習をしてみようと思います。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1736405.htm, 2018/10/29 05:10:01]