チャン・ジャヨン、家捜索57分ばかりに。..初期捜査 ‘振りだけ’

Duz43hB_o

2009年学んで(故) チャン・ジャヨンの性接待疑惑事件を捜査した警察がチャン・ジャヨンの家車、個人記録などをまともに捜索しない情況が現われた。当時57分ばかりに捜索を終えた警察は捜査 ‘振り’に如く体たらくだ。’チャン・ジャヨンリスト事件’を再調査中の最高検察庁過去写真尚早社団は28日 “2009年3月警察がチャン・ジャヨンの住い及び車押収捜索をすることにかかった時間は午後7時35分から9時32分まで57分に過ぎなかった”とし “自筆記録など主要記録が多数抜け落ちされた”と明らかにした。調査団は “警察がチャン・ジャヨンの寝室中心に押収捜索を進行して服部屋はもちろんチャン・ジャヨンが持って通ったハンドバッグも捜査しなかった”と “チャン・ジャヨンがメモする習慣があって寝室あちこちに手帳とメモ帳が多数あったにも警察はチャン・ジャヨンのダイアリーとメモ帳それぞれ1冊ずつ押収した”と言った。当時警察は手帳など自筆記録と名刺はチャン・ジャヨンの行績を確認する主要証拠なのに初期押収捜索過程から名前き帳面に捜索しなかった。チャン・ジャヨン携帯電話3台の通話記録とデジタルポレンシック結果などの原本ファイルも抜け落ちされたことで現われた。調査団は当時警察が捜査意志がなかったと判断、これと関して政治権などの外圧を受けたことがあるのか追加調査をしている。調査団は “当時捜査検事から通話履歴を提出受けたが該当の通話履歴の最終修正日付けが通信社が通信内訳を提供した日付と時間的差があって編集した形態になっていて該当の内訳が事実上原本ではなかった”と結論を下した。だけでなく当時警察はチャン・ジャヨンの個人記録が残された可能性が大きいサイワールドに対して押収捜索令状を申し込む予定だった。しかし警察は実際サイワールドに対する押収捜索令状は申し込まなかったことで今回の調査で明らかになった。調査団は “チャン・ジャヨンがサイワールドに個人記録を残した可能性が大きいのに押収捜索さえしなかった”と指摘した。法務省検察すぎ去った事委員会(委員長ギムガブベ)は去る4月2日10次会議を開いて故(故) チャン・ジャヨンソングゾブデ疑惑事件を再調査すると明らかにした。チャン・ジャヨンは2009年3月7日実名と差し支えが撮れた文件を残して自ら生を終えた。ドラマPD, 放送及び言論界人士と大企業金融業従事者など31人に性上納を強いられて暴力に苦しんだと実名が盛られたリストを残した。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1736559.htm, 2018/10/29 09:59:05]