ディブプルロウ・コードクンストが言うヒップホップ

yQuT2hB_o

“私はトラップが良かったよ” “あのラッパーはブムベブスタイルなのに?””コードクンストが作るビート大丈夫だが” 何の意味だろう?ヒップホップが大衆化になったとは言うが少しだけ深く入って行っても難しいのがヒップホップだ。疎いヒップホップ文化と用語など、’ヒップ。卵。くぎ'(ヒップホップが分からない人)が付いて行くには易しくない。そのため ‘ショー・ミー・ザ・マネー777’で審査委員に出演したディブプルロウとコードクンストに会った。ディブプルロウはヒップホップラベルVMCの首長で、10年以上活動したラッパーだ。コードクンストはヒップホップラベルAOMGの所属プロデューサー兼ビートメーカーで最近多いヒップホップアーティストたちが探している。彼らの口を通じてヒップホップのA to Zを持った。◆ ディブプルロウ “ラップ、過去には ‘アサ'(アウトサイダー) 音楽でした” ディブプルロウに会って一応謝りからした。”申し訳ありませんが、ヒップ。卵。おこる事ができません” すると彼はにんまりと笑ったように見えた。アングラで長年の生活をしたディブプルロウはヒップホップ神さまで ‘ビッグ・ブラザー’で通じる人物だ。最近彼は ‘ショー・ミー・ザ・マネー777’ ‘高等ラッパー’ などを通じて大衆に顔を知らせた。”この前にはバラードヒップホップがポピュラーだったです。バラード音楽にラップをソースのように使った音楽です。当時人々はラップを聞き取りのためというよりボーカルラインを聞くためにそんな種類の音楽をたくさん選択したんです。最近には ‘ショー・ミー・ザ・マネー’や多数のヒップホッププログラムを通じて本当ラップ音楽に対する関心が増えました。””最近流行っているヒップホップは何ですか?”と聞くとディブプルロウは “トラップスタイルのヒップホップ音楽が大好きなようだ”と返事した。難関にぶつかった。”トラップスタイルは何でしょうか?””トラップは易しく言って観客が一緒に走ることができるリズムです。リズムを割ると言います。雰囲気反転になるヒップホップ音楽だと見られます。韓国では2000年代中盤までブムベブスタイルのヒップホップ音楽しかなかったが、最近トラップスタイルが強気を見せています。トラップスタイルが最近ヒップホップ音楽の主です。イルリネオレコズの ‘連結の輪’を例えることができますね。”難関の連続だった。”ブムベブは何でしょうか?””ブムベブはドラムソースが強くてバウンス行くことがあるミディアムテンポの歌と言えます。例えば公演で ‘Put Your Hands Up(フット類語ハンズ業)’をした時自然な歌ですよ。私が幼い時好んで聞いた古典ヒップホップが大部分ブムベブだったです。流行は繰り返えして回ると、最近幼い友達の間でブムベブが少しずつ人気を呼ぶんですよ。あ、それでもヒップホップ音楽にトラップとブムベブ、2街だが存在するのではないです。”最近ヒップホップに対する10代達の関心が高くなった。’高等ラッパー’というプログラムが別に生ずるほどなら彼らの関心度が分かる。ディブプルロウは “うちの世代時にはカラオケでラップをすることはアウトサイダーたちやヒップホップウェゴールスドルばかりするのだったが、最近はインサ(インサイダー)野がカラオケ行ってラップをする”と言った。引き継いで “最近音楽市場がどう変わっているのかよく見せてくれる書き入れ時だと思う”と付け加えた。ディブプルロウは “‘高等ラッパー’を去って ‘小ラッパー’が生ずるかもあるようだ”と見通した。彼は “最近 ‘ショー・ミー・ザ・マネー’に実力派中学生が出たのを見れば小学生の時からラップをしたのではないかと思う”とし “私が属しているジャンルがブームアップになるから本当に良い”と言った。それとともに “ヒップホップが大衆文化で影響力が大きくなっていることは多くの人が否定することができないこと”と言った。長年の時間ラップ音楽をして来た人として、また後輩ラッパーを掘り出すVMCの首長として彼にヒップホップと言う(のは)どんな意味なのか知りたかった。”ヒップホップは文化と思います。音楽ジャンルその以上の部分です。ファッションやインテリアー、グラフィティなど多様なものなどを通じてヒップホップを表現することができるんじゃないか。ラップもヒップホップに属する音楽ジャンルということですよ。この文化を楽しむ方々がもっと多くなったらと思います。”◆ コードクンスト “ヒップホップ、他のジャンルより流れ早くて””Drop the beat(ドロップもっとビート)!”拗るラップとテリョははなすことができない存在だ。あるビートの上にラップをするのかによって雰囲気と色が変わる。またそれによってヒップホップ係新しいスターが誕生したりする。コードクンストがまさにそのビートを作る人だ。最近ヒップハブシンで一番人気あるビートメーカーと同時にプロデューサーである彼は ‘ショー・ミー・ザ・マネー777’でもその能力を発揮している。コードクンストがプロデューシングしたルピーの ‘save(セーブ)’ pH-1・Kid Milli・ ルピーの ‘Good Day(グッドデー)’は現在音源チャートで上位圏を占めて熱い人気をあつめている。一応ビートメーカーとプロデューサーの差が知りたかった。彼に “この二つの概念を説明してくれ”と言った。”実はビートメーカーもプロデューサーの一種です。我が国ではビートを作って曲を作る人だけプロデューサーと思うきらいがあるが、ラッパーもプロデューサーになることができます。一方ラップもできなくて音楽を作ることができないプロデューサーもあります。言い換えればプロデューサーは曲が流れる方向、イメージ、大きいフレームを取る人です。例えばサッカー監督がサッカーがする事ができなくても良い監督になることができるんじゃないか。音楽がする事ができなくても良いプロデューサーになることができます。外国には曲が作る事ができないプロデューサーが多いです。私はビートを作るプロデューサーであることですよ。”愛されているプロデューサーであるだけにどこでどうやってお爺さんを受けてどうやって音楽を作るのか知りたかった。彼は “平凡なところで新しいのを作ろうとする方”と言った。”私が誰かに音楽を聞かせた時同じ空間にあることのように感じらせたいです。それでにおいに敏感です。ある空間へ行った時感じられる特定のにおいをキャッチして音楽に盛ろうと思います。”コードクンストの音楽は慣れながらもまるで他の世の中にある奥妙な感じを与える。多いリスナーが彼の音楽が好きなこともこの理由からだ。しかし大衆の趣向を狙い撃ちして音楽を作りと言う(のは)易しくない。”ヒップホップの長所と同時に短所のようだが、他のジャンルより流れが早く変わるようです。ジャズヒップホップ、レゲエヒップホップ、EDM ヒップホップなど多様なジャンルで借用することができるのが多いため毎度流れが変わります。いくら汲んでみると半年のようです。しかしこんな早い流れが人々がヒップホップが好きな理由のようです。私の立場(入場)では大変なことけれども。ハハ。”それでも相変らずヒップホップに先入観を持って難しがる人が多い。彼に “ヒップホップがよく分からない人々が親しく近付く方法は何なのか”と聞いた。”メロディーが入って行ったシングイングラップを接すれば接近が易しいようです。ライム、フローが分からなくても楽しむことができるんですよ。今度 ‘ショー・ミー・ザ・マネー777’で私が作った歌もそんな点を狙ったんです。味方にある友達もそうなのをよく消化してくれることができる友達だったんです。”コードクンストは音楽を “日記みたいなこと”と言った。彼は “私がしている考えと感情、私を表現するものなどを音楽で表現する”とし “今後とも私の色を失わないのに音楽をしたい”と言った。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1736404.htm, 2018/10/29 05:05:01]