ラップがアングラ音楽ですよ?

DPfS2hB_o

チャンネルを回してリモコンを止めた。Mnet ラップ競演プログラム ‘ショー・ミー・ザ・マネートリプル7’ のためだった。普段ようだったら他のチャンネルで回したでしょうに幼い中学生の開いた口が塞がらないラップを聞いてそっと見るようになった。その中学生は最近論難になったデーアクだ。倭小な幼い学生が険悪(?)ある大人男性たちと正当な実力で取り組む姿を見て自然に感嘆した。同時に ‘ラップ音楽を接する年齢帯が広くなったな’という気がした。日常生活でもラップに関心を持っている人々の姿を易しく目撃することができる。軍隊にあった弟(妹)は “お姉さん、ガール・グループCD 以外にラッパーooo CD 送ってくれて”と言いながらアイドルに無関心を見せた。会食からカラオケを行ってもラップをしてすべて一緒に “Put your Hands Up(フット類語ハンズ業)”を叫ぶ。昔のように雰囲気浮かべる式のダンス曲は ‘旧式’で通じる。ヒップホップはこれ以上アングラ音楽ではない。日常生活で誰もが皆が楽しむことができる大衆音楽の一ジャンルになった。大学祭り、各種行事でもラッパーはなくてはならない存在だ。さらにロックフェスティバルにもラッパーが舞台に立つ姿だけ見ても、ヒップホップの存在感はドマルするまでもない。ヒップホップに対する関心は日増しに高くなっている。行きます市場でもアイドル音楽と比べても劣らない位に、高い存在感をあらわす。それで調べた。音源チャートでいくら存在感をあらわすのか、’潜在的’ 主要消費タケッツングである10代達はヒップホップに対していくら関心あるのか。◆ ヒップホップ、音源チャート・ユーチューブにも ‘大勢’ 国内有名音源チャートメロン、ジニー、バックス、ネイバー、Mnet, ガオンチャートをよく見た。リアルタイムチャート100 基準でメロンは13曲、ジニーミュージックでは16曲、バックスミュージック16曲、ネイバーミュージック11曲、Mnetチャート17曲、ガオンチャート12曲など音源チャートでヒップホップジャンルの占める比重は平均約14%だった。割合で見た時は小さい数字だが防弾少年団、ブラックピンク、ビトビ、エックソなど人気アイドル歌手の間でこのような数値は確かに影響力ある数字だ。音源チャートをよく見た結果リスナーがヒップホップ音楽を小卑下は性向が変わったことを分かった。過去リスナーはラップ音楽を聞くために直接尋ねて来たら、これからは大部分人々がリアルタイムチャートでラップ音楽を接する。音源チャートに上がっているヒップホップジャンルは大部分最近 ‘ショー・ミー・ザ・マネー7’を通じて発売された音源だ。6個音源チャートに共通である曲はルピーの ‘save(セーブ)’ pH-1・Kid Milli・ ルピーの ‘Good Day(グッドデー)’ ロコの ‘時間がかかるの’ クギ・スーパー費・デーアクの ‘死でし’ ゾスデース・Kid Milli, NO:EL・営婢の ‘IndiGO(インディゴ)’ ギリボイ・Kid Milli・NO:EL・スウィングスの ‘flex(フレックス)’ pH-1の ‘Hate You(ヘートユ)’ キム・ヒョウンの ‘XXL'(feat.ディブプルロウ、Dok2), ナプルラの ‘聞いて’ などがある。その中でも ‘Good Day'(Feat.腕路アルト)(Prod.コードクンスト)は長期的な人気を呼んでいる。去る6日売り出したこの曲は3週目5個音源チャート5位圏を出入りして特別な底力を誇示の中だ。動画サイトユーチューブでもラップ音楽の影響力はすごい。Mnet 公式アカウント外に ‘ショー・ミー・ザ・マネー777’の音源が載せられた映像のヒット数は最小5万から400万を超える。ハ・ジェグン文化評論家は “ラップは若い世代が自分の姿を表現するまた一つの手段だ。多くの人が率直で果敢なラップ音楽を通じて代りに満足を感じてすっきりすることも感じる。一節でラップはこの時代の若い人々を代弁する音楽で腰を据えたこと”と言った。引き継いで “今後ともヒップホップの影響力はもっと大きくなるようだ”と付け加えた。◆ 10代達に聞きました。”関心ある歌手は誰かです?”京畿道高陽市ファジョン洞にいる限り総合学院受講生に ‘皆さんの好きな歌手は誰でしょうか?’という共通質問を投げた。調査に応じた25人の中、高校生の50% 以上がラッパーが好きだと返事した。一番人気が多いラッパーは現在Mnet ‘ショー・ミー・ザ・マネー777’に出演中のキッズミリで4票を占めた。この外マミソンとジーコはそれぞれ2票、ノエル、ギリボイ、クロスィ、カドがでも、ギムハオンなどがそれぞれ一票ずつ受けた。アイドルはレッドベルベットとワーナー院がそれぞれ3票、ビトビ2票、エイピンク、エックソは一票を受けた。悪童ミュージシャンスヒョン、10cm クォン・ジョンリョルなどボーカルグループもアンケート調査結果出た。思いがけないのは最近グローバルした人気を享受しているグループ防弾少年団は返事にないという点だ。ラッパーが好きな学生たちの性比を調査した結果大部分が男子学生で現われた。彼らは大部分 “かっこいい”と言う理由でラッパーが好きだと言った。以外に ‘ハンサムだよ’ ‘服を装う’ ‘ラップが上手だ’ などの理由もあった。また彼らはラップ音楽を接した経路が ‘ショー・ミー・ザ・マネー’と ‘高等ラッパー’と理由を明らかにした。最近までにしてもアイドルを夢見る子供達が多かった。しかし時間がたつほどアイドルでラッパーでその関心が移している。ラップ音楽が ‘若い世代’を代弁して、自分を表現する音楽という認識が生じながらだ。ヒップホップラベルVMCの代表ディブプルロウは “こんな現象はこれ以上不思議ではない。後には小ラッパーが出るかもしれない”とし “この業界に携わっている人として良い現象だと思う”と言った。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1736403.htm, 2018/10/29 05:00:02]