“相変らずなつかしい”…’1泊2日’ メンバーたちが憶える 故 キム・ジュヒョク

Xu4u4hB_o

‘1泊2日’ メンバーたちが 故 キム・ジュヒョクを思い出した。彼が去ってから1年という時間が経ったがメンバーたちの腹中には ‘永遠なメンバー’で落ち着いている。去る28日午後放送されたKBS2 芸能番組 ‘ハッピーサンデー-1泊2日シーズン3′(以下 ‘1泊2日’)ではメンバーたちが 故 キム・ジュヒョクを追慕する姿が描かれた。この日メンバーたちは故人との疎かった初出会いから歴史的なグテングが兄さん(型)ニックネーム誕生、涙が止まらなかった別離まで大事だった去る時間を何度もじっくり考えた。キム・ジュヒョクはメンバーたちに権威的ではないながらも心強い兄さん(型)に記憶された。デフコンは “(撮影初盤) なんだか一人がツピョッゴリヌンデあの人をめんどうを見なくちゃいけないと言う感じが強かった”と口を割り、横にいたキム・ジュンホは “ズヒョックが兄さん(型)が下車した後たまに電話があれば ‘デフコンさびしい子だ’, ‘デフコンよく取りそらえてくれなければならない’と言う言葉をたくさんした”と伝えた。ここにデフコンは “‘こんな人をまたお会いできるか’という気がする”と切ない心境をあらわした。チャ・テヒョンは “遊園地へ行ったがズヒョックが兄さん(型)写真がかかっていた。けぶりはしなかったが兄さん(型)が浮び上がった”とし “思い浮かべようと思い出すのではなく全然構わない時ぱんと下と思い出す”と言った。キム・ジュンホは故人を思い浮かべて “私の二週間声帯模写が笑わせるかたかった。それがたくさん笑う人は初めに見た”と回想し、キム・ジョンミンは “本当に人生で一番善良だった兄さん(型)だ”と言った。キム・ジュヒョクの懇意な兄さん(型)でありながら ‘1泊2日’ メンバーたちとも縁を結んだ定期陣、そして親しい町内友達である俳優ハン・ジョンスも1週期を追慕した。定期陣は “ズヒョックイは本当に善良な子だった。本当に善良な友達だった。芸能人友達を私に初めて紹介してくれたのがまさに ‘1泊2日’ チームだった”と故人を回想した。ハン・ジョンスは “‘1泊2日’ する前には常にナラングだけ遊んだがどの瞬間 ‘1泊2日’ メンバーたちと遊んで私が妬みをしたりした”と言った。以外にも 故 キム・ジュヒョクの20年知己と同時に所属社代表であるキム・ジョンド代表、映画 ‘クァンシクの弟クァンテ’で兄弟で呼吸を合わせたボン・テギュ、’1泊2日’で彼を招待したユ・ホジンPD なども弱弱しい心境を吐露した。”今年が一緒にしてから20年目”というキム・ジョンド代表は “‘(故 キム・ジュヒョクが) ゾングミンイは馬鹿ではない兄さん、心より対してくれたら本当に好きなの’とか ‘テヒョンイは学ぶのが多くて’と言った”と故人がメンバーたちを非常に思ったと伝えた。ユ・ホジンPDは “兄さんが ‘私は内気だから一部ででもしかに出る機会があったら良いだろう。旅行去ったら良いだろう’と言った。友達ができたら良いと言った”と運をテッダ。引き継いで “初日私たちが襲撃をしたが後ほど ‘このようなことしないで’と言うと思った。ところでどの瞬間から自分が先に噴霧器持って行って、何でももう一つしようと思っていたよ。それを見ながら本当に開口陣人だな思った”と言って涙を見せたりした。映画 ‘クァンシクの弟クァンテ’で故人と呼吸を合わせたボン・テギュは “(キム・ジュヒョクは) 本当に兄さん(型)みたいだった。撮影する間本当に兄さん(型)みたいだった”とくちを切った。引き継いで “(‘1泊2日’) メンバーたちが好きなことが感じられた。とても善良だとずっと話した。’こんなに善良なのにどうやって社会生活をしたの?’という言葉を本人が真書笑わせた。本当に弟(妹)たちが好きだった”と言った。それとともに “兄さん(型)おかげさまで良い作品をよくすることができたようだ。機会になれば夢に一度出てくれ”と切ない心境を伝えて視聴者たちの胸を詰ったようにさせた。’1泊2日’ メンバーたちの胸の中深く刻まれた名前 ‘故 キム・ジュヒョク’.メンバーたちだけではなく、視聴者たちにも永遠に記憶されるでしょう。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1736570.htm, 2018/10/29 11:41:40]