ばら色反転魅力…’デビュー’ アイズ院 “応援報いる”

FuQI8hB_o

“アイズ全米!一つになる瞬間皆が注目して、アイズ院です!”プロジェクトグループアイズ院(チャン・ウォンヨン、宮脇咲良、チョ・ユリ、チェ・イェナ、アン・ユジン、ヤブキ私と、権隠庇、カン・ヒェウォン、ホンダヒトミ、キム・チェウォン、キム・ミンズ、イ・チェヨン)がときめくことをいっぱい抱いてばら色羽ばたきの手始めを知らせた。アイズ院は29日午後4時ソウル松坡区オリンピック路オリンピック公園オリンピックホールで一番目ミニアルバム ‘カラーライズ(COLOR*IZ)’ 発売記念記者懇談会を開いた。アイズ院はケーブルチャンネルMnet 韓日合作オーディションプログラム ‘プロデュース48’を通じて抜擢したプロジェクトガール・グループで2年6ヶ月間活動を広げるようになる。’12(IZ)枝色回りを持ったそれぞれの星が一つ(ONE)になることのように皆一つになる瞬間’という意味を持った。それぞれ異なるデザインの赤色衣装を着て初あいさつを掛けたアイズ院メンバーたちはフォトタイム後タイトル曲 ‘ラビアングロズ’ 舞台に上がった。赤いローズを連想するようにする振付師曲の手始めを知らせた。’プロデュース48′ 出演当時めちゃ可愛くて可愛い魅力を見せてくれたアイズ院メンバーたちの都会的な魅力が視線を捕らえた。15歳である末っ子チャン・ウォンヨンから24歳一番上の姉さん権隠庇まで、思いきり可愛いだけだったアイズ院の反転魅力だ。’プロデュース48’で見せてくれた動線が大きい刀群舞よりは八動作と曲線を強調した女らしい振付師印象深い。タイトル曲 ‘ラビアングロズ(La Vie en Rose)’は ‘チャン及び色人生’という意味のフランス語題目のようにアイズ院の熱情で私たちの皆をばら色人生で作るというメッセージを盛っている。アイズ院の熱情が ‘赤いローズ’に表現されてデビューと舞台、ファンに対する愛と熱情を現わした。舞台を終えたアイズ院メンバーたちはデビューに対するときめく心を抱いてアルバムと曲紹介を引き継いだ。’プロデュース48’ 最終順位1位に上がって ‘センター’で抜擢したチャン・ウォンヨンは “熱情を現わす索引 ‘レッド’を中心色で決めた。強烈で熱情的な ‘ローズ(ローズ)’をコンセプトにした”と説明した。待ちこがれたデビューをする脹れた抱負と力強い覚悟も開かれた。権隠庇は “いつも努力する。応援に報いるアイズ院になる”と、チャン・ウォンヨンは “応援してくれて待ってくれた方々がいる位もっと多く、自主多様な活動を通じてお伺いする”と心を明らかにした。アイズ院はこの日午後6時一番目ミニアルバム ‘カラーライズ(COLOR*IZ)’ 売り出したし、午後8時デビューショコンアイズ院 ‘カラーライズ’ ショコン(IZ*ONE ‘COLOR*IZ’ SHOW-CON)を開催した。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1736642.htm, 2018/10/30 05:00:03]