アイズ院、派手なデビューかかわらず…思いがけないポルキム

biy19hB_o

プロジェクトガール・グループアイズ院(IZ*ONE チャン・ウォンヨン、宮脇咲良、チョ・ユリ、チェ・イェナ、アン・ユジン、ヤブキ私と、権隠庇、カン・ヒェウォン、ホンダヒトミ、キム・チェウォン、キム・ミンズ、イ・チェヨン)が派手なデビュー申告式を支払ったが思ったより低調な音源成績を見せている。思いがけない伏兵、ポルキムに会ったせいだろう。去る29日午後6時売り出したアイズ院の一番目ミニアルバム ‘カラーライズ'(COLOR*IZ)のタイトル曲 ‘ラビアングロズ'(La Vie en Rose)は30日午前9時基準、メロンを含めてジニー、オルレミュージック、バックス、ソリバダ、ネイバーミュージックなど国内6個音源サイトでリアルタイム音源チャートで10位中に至ることをあげるだ。アイズ院より先立ってデビューしたIO子供、ワーナー院が音源発売後リアルタイムチャート1位を占めたこととは違う様相だ。タイトル曲 ‘ラビアングロズ'(La Vie en Rose)は ‘チャン及び色人生’という意味のフランス語題目のようにアイズ院の熱情で私たちの皆をばら色人生で作るというメッセージを盛っている。アイズ院の熱情が ‘赤いローズ’に表現されてデビューと舞台、ファンに対する愛と熱情を現わした。一方アイズ院の同じ日音源を売り出したポルキムのシングル ‘あなたに会って’と言う国内6個音源サイトでリアルタイム音源チャート1位に名前をあげた。’あなたに会って’は愛する人に会って幸せだった瞬間と心細かった瞬間、そして一緒にして行くこれからの時間を歌ったポルキムの自作曲で肌寒い気候に似合う敍情的なメロディーと甘美なポルキムの声がリスナーの熱い反応を導き出したこと。思いがけない伏兵に会って期待したより惜しい音源成績を見せたアイズ院だ。彼らはエムネットの人気芸能番組 ‘プロデュース48’に出演、国民の投票で作られたグローバルガール・グループ。このために同じプログラムで先にデビューしたIO子供、ワーナー院の系譜を引き継ぐ人気を期待するようにした。デビューの前から右翼論難、調和ではないメンバーたちの組合などが障害物に挙論されたことも音源成績が不振な理由として数えられる。しかしもうさいは投げられた。先輩グループIO子供、ワーナー院がはじめから ‘花の道’をかけたことと違って多くの障害物を越さなければならないアイズ院。活発な放送活動と魅力ある舞台で新しい反転の歴史を使うか時間をかけて見ることだ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1736679.htm, 2018/10/30 10:20:20]