イェプンオムマそばのイェプンタル…’鶏竜天女前’ ムン・チェウォン・講米や、母女変身

AAwEbiB_o

ムン・チェウォンがママというのに一度驚いて、娘がガングミナというのに二度驚く。新コミックファンタジードラマ ‘鶏竜天女前’からね。初初しい美貌に愛される俳優ムン・チェウォンとめちゃ可愛い魅力の持ち主であるグループ九九段メンバー兼俳優ガングミナが ‘ビジュアル母女’の誕生を知らせた。ムン・チェウォンとガングミナは30日午後2時ソウル永登浦区ヤングズングロタイムスクエアアーマーリースホールで開かれたケーブルチャンネルtvN 新月火ドラマ ‘鶏竜天女前'(シナリオユ・ギョンソン・演出キム・ユンチョル) 製作発表会から母女キャラクターで呼吸を合わせる所感を明らかにした。’鶏竜天女前’でムン・チェウォンは天女で変身する。煮こんでおくことと2人1役だ。699年前天女瀧でナルゲオッを忘れてしまって空に登ることができなかったまま木こりと家庭を立ててから、木こりが世を去りながらやもめになったソンオックナムキャラクターで扮する。劇でソンオックナムは渓竜山に住みながら生まれ変わった夫で見当がつく男を発見、彼に会うためにソウルに上って来て ‘天女喫茶店’を運営する。ガングミナはソンオックナムと木こりの間に生まれた娘点スンイキャラクターで活躍する。幻生を繰り返えしてママソンオックナムに会い、今度生きることでは虎で生まれてから修練を通じて人間になった。見かけが猫に変わってから人に変わってからする。淫蕩な考えをすれば虎時代機運が飛び出してひげが出たりしっぽの走るなど外貌が変わる。この日製作発表会でムン・チェウォンとガングミナは少しは硬直されたようであってお互いに関する話を解いておき始めながら徐徐に緊張が緩むような面貌を見せた。二人ははにかむほほ笑みを見せてゾゴンゾゴンお互いに対する愛情を示した。先にガングミナがムン・チェウォンと劇の中呼吸に対して口を割った。ガングミナは “緊張をたくさんしたが先輩がよくめんどうを見てくださった。私が撮影場で慣れることができなかった部分があれば助言してくださって、ノーハウも知らせてくださった。私は楽に撮影した。それでますます呼吸がもっと好きになったようだ”と説明した。ムン・チェウォンもガングミナのキャスティング消息を初耳だった時を思い浮かべてじっくりとそれに対する考えを告白した。ムン・チェウォンは “ガングミナがキャスティングされたという話を聞いて猫イメージとよく似合って良かった”と回想した。引き継いで “会ってみたことも、のように延期をしてみたこともなかった。(ガングミナは) ドラマ参加が初めだと言っていたよ。私もママ役目は初め”と言いながら “心配をしたのではないが一緒に演技すればどうかな知りたかったが楽だったよ。一緒にあるのが全然ぎこちないじゃない”と言いながら微笑んだ。いっしょにムン・チェウォンはガングミナを ‘可愛らしい’と表現した。彼は “母女の間で出るから (出てガングミナが良い呼吸を合わせるのに) もっと良い環境であることもできるという気がする。娘だから押すかを可愛らしくて可愛く眺めるようになる。実際でもそんな魅力が多くの友達だ”と言った。するとガングミナは照れくさいのか口を覆ってたっぷり笑いをした。お互いに対する高い好感島を見せた二人が劇でどんな母女演技を広げるか疑惑が傾く。’鶏竜天女前’はソンオックナムが ‘チョン・イヒョン(ユン・ヒョンミンの方)とキム金(ソ・ジフンの方)’ 二人の男を偶然に会いながら起る話を描くコミックファンタジードラマで、ウェブトゥーンが原作だ。ムン・チェウォンは今度ドラマに対して “面白い作品に出演したい喉の渇きがあった”と “シチォングザブンドルがストレス受けないのに見られること”と楽しさに対する期待を高めた。’鶏竜天女前’は来る11月5日午後9時30分初放送を控えている。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1736732.htm, 2018/10/30 16:59:18]