カン・ハンナからサユリまで、一言の力

eklv7hB_o

‘一言で千両借金を返す’と言う諺があります。一方 ‘舌下に斧があって人が自分を害するのに使う’と言う諺もあって。’一言’これいかに重要かもう一度思うようにする文章です。言葉の大切さ。誰よりひしひし感じる人々は多分スターたちではないか思います。一言で ‘概念スター’になったり一瞬の間違いで ‘無概念芸能人’で墜落したりするから。言葉で滅びて興ったスターたち、それも我が国と歴史的に鋭敏な問題が日本と係わる妄言あるいは概念発言で話題を集めたスターたちに行って集めました。▼ 放送人カン・ハンナ、日 放送で ‘成形妄言’放送人カン・ハンナが日本放送で “韓国芸能人100人の中で99人が成形をした”と言って論難になっています。カン・ハンナは去る27日放送された日本読売TV ‘トクモリ吉本’に出演して韓国女性の成形に関して話しました。彼は “私が分かるには芸能人100人の中で99人が (成形を) する”と韓国では芸能人だけではなく一般人も成形をたくさんしていると言いました。引き継いで “韓国芸能人友達が多いのに会う度に顔が変わる。じっと見れば恥ずかしがる。’した’と言わない。そこまでオープンしない”と言って一緒に出演した人々を驚かしたんです。彼はガール・グループを結成する時成形しないメンバーも必ず含むと言った。それとともに “成形しない顔が人気だ。ガール・グループ中でも成形をしない子供をわざわざ入れる”とし “そのメンバーがまた人気がある。自然なのだ。そんな子供は愛嬌が多い”と付け加えたりしました。放送後、カン・ハンナの発言と係わって国内では非難の世論が降りそそいでいます。確認されない事実をまるで一般的な事例であるように騒ぎ立てた軽率のせいです。▼ チョ・ヘリョン、君が代に拍手を?日本に進出した最初の韓国コメディアンチョ・ヘリョンも妄言でイメージが墜落したことがあります。日本で盛んに活動を引き続いたチョ・ヘリョンはたまにニュースや ‘セバクィ’に出る位に国内活動を減らしてまで ‘オールイン’をして人目を引いたことがあります。そうする間、日本プログラムに出演したチョ・ヘリョンが君が代が出ると熱裂に拍手を打つ場面が放送を通じて電波に乗りながら大きい論難を買ったりしました。ギャグ素材で韓国を卑下じるような内容をよく使ったりしたんです。これと関してチョ・ヘリョンは “君が代歌が日本のミリタリズムをほめたたえる音楽なのか分からなかった。そのままどの歌手の歌であると思って拍手を打ってくれた”と解き明かしました。しかし以後にも ‘独島は我が領土’を改詞した ‘ヒラがナソング’を録音して多くの問題を起こして否定的なイメージを消すには力不足でした。ホ・ジュンホ “気持ちがどうですか?”俳優ホ・ジュンホは去る2009年5月ミュージカル ‘ギャンブラー’ 公演広報車日本を訪問しました。当時彼はSBS ドラマ ‘オールイン’の韓流熱風で日本内から寒流スターに急浮上した状況でした。ホ・ジュンホは共同記者会見現場で一日本記者が韓・日両国間の独島問題と係わった立場(入場)を聞くと記者につかつか歩いて出ました。引き続き取材手帳に文を書いた記者のペンを奪った後 “気持ちがどうですか?”と聞いたんです。ここに日本取材陣はぼうぜんとしている表情で彼を眺めました。このエピソードは ‘概念俳優ホ・ジュンホ’という修飾語を誕生させて長らく膾炙されています。サユリ、概念発言慰安婦寄付日本から来た無茶な女、放送人サユリも ‘概念発言’で大衆に膾炙されるスター中一人です。サユリは去る2012年、慰安婦お婆さんたちが住んでいるナヌムの家に3000万ウォンを寄付する先行を広げました。以後放送に出演した彼は “日本人だと言うよりは同じ女だから心がもっと大きく行った。また外国人なのに韓国で多くの方々が好んでくださってまた韓国放送に出ることができることにも感謝する”と言いました。慰安婦寄付と概念発言でサユリは国内でもっと愛されるスターに名前をあげるきっかけになったんです。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1736634.htm, 2018/10/30 00:00:02]