‘1週期’ キム・ジュヒョク、彼が残した足跡。..”相変らず懐かしいです”

52TI8hB_o

学んで(故) キム・ジュヒョクが私たちののそばを離れてからもう1年。我がのそばに思いきりあるようだった彼が2017年10月30日不意の事故で世を去った。これ以上キム・ジュヒョクの姿を見られなくて惜しくてまた惜しいが、彼が残した作品だけは多くの人々の胸の中に残っている。延期人生20年。キム・ジュヒョクが残した足跡に付いて行ってみた。◆ “永遠なグテングイヒョング” “家にあればさびしくて。..外に出たら良い。旅行したい。”KBS2 芸能番組 ‘ハッピーサンデー-1泊2日’ シーズン3を演出したユ・ホジンPDはキム・ジュヒョクがプログラムに出演を決めた当時こんなに言ったと明らかにした。2013年12月から2015年12月までぶっ通しで2年を一緒にしたキム・ジュヒョクはワンビョックハムよりは不始末で暖かい人間味で視聴者たちを捕らえた。キム・ジュヒョクは ‘1泊2日’を通じて ‘グテングイヒョング’というニックネームを得るようになった。彼は四字成語クイズで ‘兎食狗烹’を ‘トサグテング’と返事して ‘グテングイヒョング’と呼ばれるようになった。これをきっかけで彼は視聴者と親しくなるきっかけになった。キム・ジュヒョクは壊れるのにあっても恐ろしがらなかった。そのように嫌やがるという歌も歌って、冷湯にも手に入れるなど ‘1泊2日’のために身をほうり出した。ユ・ホジンPDはこんなキム・ジュヒョクの姿にびっくりしたと明らかにした。有毒 ‘1泊2日’ メンバーたちを大事にして愛したキム・ジュヒョクは彼の親友である俳優ハン・ジョンスもやきもち焼くようにした。ハン・ジョンスは “‘1泊2日’に入って行く前には毎日私と遊んだがこのプログラム以後には遊びにくくなって妬みがたくさん出た”と明らかにしたりした。あれほどキム・ジュヒョクにおいて ‘1泊2日’は大事な存在だった。そして視聴者にも ‘1泊2日’ 続キム・ジュヒョクは俳優キム・ジュヒョクではない、暖かい人だった。◆ “もう手始めだったが。..”悪役、そして延期人生2幕”20年ぶりに映画で上を受けますね。”キム・ジュヒョクは ‘共助’ 次期性駅で延期人生2幕を開いた。メローやロマンチックコメディーに特化されていた彼が ‘共助’で印象深い悪役演技を広げたからだ。キム・ジュヒョクの所属社ナムアクターズキム・ジョンド代表は “‘共助’で引き受けた役目のためたくさん苦しがった”とし “その姿だけ見てもいくら善良な人なのか分かった”と言った。このように限りなく暖かい人だった彼に悪役は易しくなかった。しかし彼は密度ある演技力で ‘歴代級悪役’ 次期性を完成し、多くの人々の好評を博した。その結果 ‘共助’で第1回もうソウル語ウォーズで生涯初助演男優賞を受賞したりした。当時キム・ジュヒョクは “演技生活20年ぶりなのに映画で上を初めて受ける”と言って関心を受けた。彼の悪役行進は続いた。キム・ジュヒョクは ‘毒箭’で中国麻薬上濃いハリム役を務めて破格的な演技を広げた。濃いハリムは彼の ‘人生キャラクター’でも数えられるほど多くの人々に深い印象を残した。映画人たちは “彼が完成作を見たら大好きだったでしょうに”と言いながら惜しい本音をあらわしたりした。そして去る22日キム・ジュヒョクは ‘毒箭’で第55回大鐘賞映画祭助演男優賞を受けた。商銀彼の所属社キムソクジュン常務が代わりに受けた。二番目助演男優賞を手に握ったキム・ジュヒョクの姿を見られなくて多くの人々は惜しさを催した。キム・ジュヒョクと懇意な兄さんであるチョン・ギジュンさんは ‘1泊2日’から “(延期で) もう手始めだったが”と言いながら惜しい姿を見せた。◆ 腹中に残る私たちの ‘メルロキング’ 映画 ‘クァンシクの弟クァンテ’ ‘妻が結婚した’, ドラマ ‘プラハの恋人’ 作品の興行成敗を去ってキム・ジュヒョクを思い浮かべた時思い出す作品だ。彼は特に純朴で暖かいキャラクターとよく似合った。キム・ジュヒョクは映画 ‘クァンシクの弟クァンテ’で好きな女の前で告白した番(回)してみる事ができなくて、ライバルが登場すれば平和のために隠れる光式役を務めた。彼の純愛補は多い女性に ‘母性愛’を導き出した。当時映画に一緒に出演したボン・テギュは “劇の中で光式がキャラクターが実際兄さん(型)と一番似ている”と言った。またキム・ジュヒョクの親友であるチョン・ギジュンさんは “‘あなた演技本当に楽にさせる’と言った位に似ている”と言った。映画 ‘妻が結婚した’でも同じだ。劇の中で彼は自分と結婚した妻が違う男とも結婚をするという宣言にもどうするか分からない姿は ‘ウップン'(笑わせて悲しい) 状況そのものだ。こういうのもあんななのもできないこのキャラクターはキム・ジュヒョクではなかったらどんな俳優を想像することができるか。キム・ジュヒョクのまた他の魅力は ‘プラハの恋人’でもよく現われる。劇の中で強力係刑事役を務めた彼は男らしさと柔らかい魅力を同時にあらわして女性視聴者たちを狙い撃ちした。このように20年間私たちの胸を泣かせて笑わせたキム・ジュヒョクはこれ以上見られない。しかし彼が残した作品だけは私たちの胸の中に深く残っているでしょう。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1736648.htm, 2018/10/30 05:00:03]