ワーナー院側、盗作疑惑奥さん “価値でお爺さん…アイデア領域”(公式)

jHTldiB_o

初正規アルバムティーザー盗作疑惑を受けたプロジェクトグループワーナー院の所属社が ‘著作権侵害’に確かな線を引いた。ワーナー院所属社スイングエンターテイメントは30日 “辞書検討過程で該当の件は愛の起源だという哲学的概念をもとに人類が共有しなければならない価値で霊感を得た ‘アイデア領域’なので著作権適観点ではイシューがないことと確認された”と公式立場を明らかにした。ワーナー院は来月19日一番目正規アルバム ‘1¹¹=1(POWER OF DESTINY)’を売り出す。これを控えて公開されたコンセプトティーザーを見たミュージカル ‘ヘドウィグ’ 演出者と同時に作品で主演キャラクターヘドウィグロビンソンを演技したゾーンカメロンミッチェルはこの日インスタグラムに文を書いて不快な感情をあらわした。ゾーンカメロンミッチェルは “Kポップバンドワーナー院が ‘ヘドウィグ’の象徴イメージと歌 ‘もっとオリジンオブラブ’を使った”とし “とても古い神話は甘い対象でもあるが易しく単純になることができると言うのが悲しい”と惜しい心を吐露した。また “少し無礼だ。タイトルも貸して行った”と言った。ここにワーナー院所属社は新しいアルバムコンセプトティーザーに対して “‘プラトンの ‘香煙’ 中愛の起源に対する概念をモチーブに製作された”と説明した。いっしょに愛の起源の概念は ‘ヘドウィグ’で ‘もっとオリジンオブラブ’という音楽に借用されて大衆に広く知られるようになったという点を言及して “愛の起源に対する概念は多様な解釈が存在することができるから ‘ヘドウィグ’ 原作者であるゾーンカメロンミッチェルの意見も尊重する”と立場(入場)を示した。次はワーナー院所属社スイングエンターテイメント公式立場専門だ。ワーナー院コンセプトティーザーはプラトンの ‘香煙’ 中愛の起源に対する概念をモチーブに製作されました。シンボルの場合にも該当の概念をもとにワーナー院のコンセプトを盛って運命、二進法、無限大要素を使って製作されました。辞書検討過程で該当の件は愛の起源だという哲学的概念をもとに人類が共有しなければならない価値で霊感を得た ‘アイデア領域’なので著作権適観点ではイシューがないことと確認されました。該当の概念はミュージカル-映画 ‘ヘドウィグ’で ‘もっとオリジンオブラブ’という音楽に借用されて大衆に広く知られるようになりました。愛の起源に対する概念は多様な解釈が存在することができるから ‘ヘドウィグ’の原作者であるゾーンカメロンミッチェル様の意見も尊重するところです。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1736756.htm, 2018/10/31 00:00:03]