“忙しい忙しくて” マ・ドンソク、’町内人’ ‘ソングナンファングソ’ など ‘烈日歩み’

ZX9NgiB_o

それこそ ‘忠武路の沼’のように働いている。今年の一年封切りした作品と封切り予定である作品だけ5個だ。撮影中の作品も多くて、キャスティング消息も連日聞こえる。休まないで働いている俳優マ・ドンソクの話だ。11月にだけ二つの作品だ。マ・ドンソクは映画 ‘町内人’ ‘ソングナンファングソ’ 封切りを控えている。マ・ドンソクはこの作品でも ‘通快な拳アクション’を広げる予定。その間見せてくれたキャラクター色で大きく脱しなくて ‘イメージ消費’に対する恐れもあるがその特有のアクションが好きなファンは期待している。’町内人’は女子高生が失踪されたが誰も探さない疑問の村に新たに赴任した体育教師譏さつが事件の糸口を追うようになるスリラー物だ。マ・ドンソクは予想どおり劇の中で体育教師譏さつ役だ。同時に世間の注目を引いたボクシング選手出身。映画で唯一に常識を守る大人である譏さつは女子高生留陣(キム・セロンの方)と消えた学生を尋ねながら奮闘する。彼の特別なキャラクターは予告篇でよく現われる。譏さつがある女子高生とぶつかるのに女子高生が飛びあがる。譏さつの威力がよく現われる映像だ。その間多い映画で通じた姿だ。’ソングナンファングソ’でも彼の空身アクションは続く。この作品は一度怒れば恐ろしくうって変わる銅鉄が拉致された妻指数を求めるために無限突進するアクション映画だ。マ・ドンソクは堅い生を生きて行く銅鉄役を務めた。銅鉄は妻(ソン・ジヒョの方)が拉致された後彼を尋ねるために隠して来た本能と怪力を発散する。間違いなく彼の通快な姿を見られる。マ・ドンソクは最近 ‘町内人’ 記者懇談会でイメージ消費に対する見解を明らかにした。彼は “私がどの位疲れ島があっても監督と製作者など映画で ‘馬洞石火’一キャラクターがほしければ (俳優として) 最後までしなければならないと思う”と言った。引き継いで “そうだったら ‘どうして風変りなキャラクターをしてみるつもりがないか’と問うことができるろう。ある。しかしすべての映画が私に入って来るのではない。主にそんな(マ・ドンソク化した) 映画が入って来る”とし “最近封切りした作品は ‘犯罪都市’ 移転に企画された作品だ。2~3年前からは風変りな映画を準備の中で撮影中”と言った。マ・ドンソクは現在映画 ‘悪いやつら:もっとムービー'(仮題) ‘悪人前’ 撮影の中だ。あいにく皆アクションであるだけに新しいアクションを見せてくれるか、ではなければ彼の特化された ‘漢方アクション’を広げるか関心を集める。また最近イ・ビョンホン・ハ・ジョンウ主演の映画 ‘白頭山’で科学者役を提案受けたと知られたが彼が新しいキャラクターで変身するかも関心事だ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1736815.htm, 2018/10/31 14:09:26]