‘百日の郎君様’ 終映…濃い余韻残した ‘胸のときめきポイント’ 三つ

s9sQgiB_o

振り返えてみれば ‘百日の郎君様’と一緒にした一ヶ月半分は愛聴者たちに ‘胸のときめき’ そのものだった。ケーブルチャンネルtvN 月火ドラマ ‘百日の郎君様'(シナリオノ・ジソル・演出李ジョンジェ)が自体最高視聴率14.4%(ニールセンコリア・全国・有料プラットフォーム家具基準)を記録しながら幕を閉じた。毎回テレビ劇場にときめくことを抱かれた ‘百日の郎君様’とのクッインサに惜しい視線が傾く。利率で悔しいト・ギョンス、ホン心で悔しいナム・ジヒョンの切ない愛情戦線に視聴者は泣いて笑った。街心臓をどきどきするようにした利率とホン心の ‘胸のときめきポイント’ 三種類を指折ってみた。◆ 利率(ワンドック)の直説的なエゾングピョヒョンカチルした性格の持ち主である利率は劇でホン心を向けた心だけは無情そうに率直にとんとん投げてテレビ劇場をピンクで染めた。先に利率は “見たいのに?三日や見られなくて” “私はどんな記憶も探すのを願わない。君のそばにいたくて” “私あなたと何の事があったのか過去は忘れたが、この瞬間だけは絶対忘れないだろう” などホン心はもちろん視聴者の心までも ‘どんと’ 落ちるようにするロマンチックなせりふでホン心を向けた心を表現した。また利率はホン心を向けた可愛い嫉妬心でほほ笑みを催したりした。ソン・ジュヒョンに県監で赴任したゾングゼユン(キム・ソンホの方)がホン心と近く過ごすと牽制をして “県監が私の女人とヨックイはのを減らす願わない”という断固たるこけ威しを下げて口元にほほ笑みを催した。ト・ギョンスも自分が演技した利率の名線社を直接指折った。ト・ギョンスは31日所属社SMエンターテイメントを通じて “台所でワンドックがふてくさったホン心に ‘あなた置いて絶対どこ行かない。私は君の郎君だから’というせりふをする場面が記憶に残る”と明らかにした。◆ 利率♥ホン心の甘ったるいキスシーン9回で待ちこがれた利率とホン心の初キスシーンが描かれた後もキャラクターの甘ったるい場面を相次いで会ってみることができた。記憶を失った利率と結まれたすぎ去った事、お互いに向けた心が深くなるほど切なくなる二つのキャラクターの関係は切なさとときめくことを同時に抱かれた。軽いスキンシップ場面から感情を爆発的に向い合うようにしたキス場面は二つのキャラクターの哀切な感情をそっくりそのまま視聴者に伝達した。◆ 最終回、利率の ‘シムクング(心臓を ‘どんと’するようにする)’ 日記帳”今日は雪が降った。飛びちる目を見たらあなたの思い出した。君が聞いた。目が良いのか花費が良いか。何番(回)を聞いても私の返事は ‘あなた’だ。憶えるのか。今日はあなたと私が婚姻をした日だ。人生は二つの道があると言う。一つはどんな奇跡ではないことのように暮すことで他の一つはすべてのものが奇跡だと考えながら暮すこと。振り返えてみればあなたの郎君で住んだ私の100日間は私にすべての瞬間が奇跡だった。”- 利率日記帳 中最後の回で利率はホン心にその間少ない日記帳を伝達した。ホン心を向けた切々たる心がぎっしりするように盛られた日記帳を読むホン心の目には涙がくすぶった。それとともに几帳面に開かれた二つのキャラクターの愛情場面、特に二つのキャラクターの手の触れ合う瞬間の盛られた場面は ‘百日の郎君様’を見守って来た視聴者たちも二つのキャラクターの切ない感情を走馬燈のように感じらせた。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1736828.htm, 2018/10/31 14:19:47]