オープニングから叫んだ…’ボヘミアンラプソディー’ 外貨ボックスオフィス1位

JAQyliB_o

映画 ‘ボヘミアンラプソディー'(監督ブライアンシンガー・配給 ㈱二十世紀フォックスコリア)が封切りと同時にボックスオフィス1位を記録した。映画振興委員会統合ネットワークによれば ‘ボヘミアンラプソディー’は1日午前9時30分基準12万511人の観客を動員した。また前売り率26.4%で競争作 ‘完璧な他人’の前売り率26.5%をわずかな差で追撃している。この成績は映画 ‘マンマ・ミーア!'(48,306人) ‘ララランド'(6万2258人) ‘偉いショーマン'(40,995人)のオープニングスコアを干すことは数値だ。’ボヘミアンラプソディー’は音楽の夢を育てたアウトサイダーで伝説のロックバンドになった ‘フレディマーキュリー’と ‘クイーン’の独創的な音楽科派手な舞台そして彼らの本当の話を盛り込んだ映画だ。一方 ‘ボヘミアンラプソディー’は全国映画館通りで上映の中だ。上映時間は134分で観覧等級は12歳だ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1736918.htm, 2018/11/01 09:41:54]