‘余穀性’ ソン・ナウン、初主演映画。..延期どうだったか

oufFniB_o

“トウモロコシ粉の心境変化と表情、言いぐさなどに対してで悩みをたくさんしました。延期的な部分もあるがメーキャップ、韓服色でもトウモロコシ粉のキャラクターをよく見せてくれようと努力したんです。”映画 ‘余穀性'(監督ユ・ヨンソン)で初主演を務めたソン・ナウンが1日ソウル竜山区CGV 竜山アイパークモールで開かれた ‘余穀性’ 記者懇談会でこんなに言った。彼は映画で家の隠された秘密を向い合うようになって徐々に欲望をあらわす神力を持ったトウモロコシ粉役を務めた。ミステリーすることと同時にカリスマを見せてくれなければならない立体的な配役だ。しかし演技経歴の短いソン・ナウンが今度キャラクターを演技するには難しかったことと見える。史劇と恐怖が結合したジャンルなのでがっちりしている演技力が裏付されなければならないからだ。ソン・ナウンは恐怖に捕らわれた時表情とせりふトンが終始一貫まったく同じだ。史劇特有の言いぐさはぎこちなくてまるで魂なしに演技する感じだ。彼の引き受けたトウモロコシ粉は存在だけでもミステリーすることを漂わなければならないのにあまり大きい存在感を発揮することができない。代わりに映画の音響と背景、韓服色でこれを裏付ける。しかしこれさえ効果が科して映画の没入を邪魔する。ソン・ナウンはその間多数のドラマで演技力を積んだ。いくつかの作品で ‘演技力論難’に巻き込まれたことがあって今度作品も憂慮の視線が多かった。憂慮どおり今度映画でも ‘演技力論難’は避けることができないようだ。彼は1日開かれた ‘余穀性’ マスコミ試写会から “今までドラマも何番(回)したが映画に関心が高かった。そうな中に ‘余穀性’という作品に会った”と言った。引き継いで “負担も大きかったがよくやりこなしたいという心が先立った。監督、先輩たち手伝ってもらって熱心に撮影した”と初主演所感を明らかにした。それとともに “大きい挑戦だったし勇気が必要だった経験”と言いながら “きれいに見てくれ”と頼んだ。’余穀性’は原因分からない奇妙な死がつながる一邸宅に偶然に足を入れるようになったトウモロコシ粉(ソン・ナウンの方)と秘密をおさめたシンさん奥さん(ソ・ヨンヒの方)が家の想像することができない冷ややかな真実と向い合うミステリーホラームービーだ。来る8日封切りして15歳観覧可だ。上映時間は94分。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1737009.htm, 2018/11/01 18:14:27]