‘完璧な他人’, 今年コメディーオープニング1位…魅力ポイント三つ

jqLWliB_o

封切り初日ボックスオフィス1位を記録したユ・ヘジンチョ・ジンウング主演コメディー映画 ‘完璧な他人’の魅力に関心が集まる。1日映画振興委員会映画館入場券統合ネットワークは映画 ‘完璧な他人'(監督イ・ジェギュ製作フィルムモンスター)が前日観客27万4100人余り、累積観客32万1200余人を記録してボックスオフィス1上に上がったと明らかにした。これは歴代10月封切り映画興行1偽作であるユ・ヘジン主演 ‘ラッキー’ オープニングスコア21万4000余人より高くて、今年封切りしたコメディー映画 ‘それだけが私の世の中(オープニング12万6700人余り), ‘探偵:リトンズ'(オープニング23万5100人余り)より高い数値だ。’完璧な他人’は前日から観客に会っていて俳優ユ・ヘジンチョ・ジンウングイ・ソジンヨム・ジョンアキム・ジスソン・ハユンユン・ギョンホなどが主演俳優に出て熱演を広げた。◆ 携帯電話・長年の友達…リアリティー・共感催す素材携帯電話は現代人にテリョははなすことができない道具だ。基本的な機能である電話、文字メッセージ内訳からメモ、ショッピング内訳、ナビゲーション使用内訳、日程、メールなど個人の多い情報が盛られた。’完璧な他人’は幼い時から思い出を共有している約40年知己友達のカップルの集まりで限定された時間の間携帯電話で来る電話、文字メッセージ、メッセンジャーなどの内容を強制で公開するゲームで起る話を描く。長年の友達、携帯電話などの素材が現実的だ。この上に行き交ういたずらで楽な対話は親しさを感じらせる。人間関係で発生する微妙な雰囲気と状況は観客ひとりひとりの共感を催すことができる。◆ ユ・ヘジン・チョ・ジンウング・ヨム・ジョンア・ユン・ギョンホなど俳優たちの好演人の心理と言う(のは)まことに妙だ。周辺人々と形成された人間関係、このために発生するささいな気持ち、心状態は自分の自身さえいちいち把握しにくい位に複雑で精密だ。’完璧な他人’ 主演俳優ユ・ヘジンチョ・ジンウングイ・ソジンヨム・ジョンアキム・ジスソン・ハユンユン・ギョンホは携帯電話内容暴露ゲームで発生する状況から始めた人間の微妙な心理を卓越な演技力で十分表現し出した。荒てることも、驚くことも、疑うことも、安心することも尋常ではない。せりふに莫大な力を加える目つき、表情演技で興味津津な状況を立派に描き出す。◆ 絶えず裂ける笑いコードそれこそ ‘笑い爆撃機’だ。初盤約20分無情そうに開かれる各キャラクターの背景説明までは ‘おもしろい方’と表現することができる。石虎(チョ・ジンウングの方)-予診(キム・ジスの方) 夫婦の引っ越し祝いが始まりながら笑い爆弾がそろそろ裂け始める。状況が笑わせたのに、共感を催してもっと笑わせる。キャラクターの表情、反応がおもしろくてずっと笑いが出る。劇場の中観客自分だけではなく他の観客たちも爆笑していて笑いを堪えることができない。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1736923.htm, 2018/11/01 11:16:48]