第2回韓中国際映画祭12日開催…”韓・中雰囲気とかす足場になるように”

PzP1liB_o

第2回韓中国際映画祭が12日ソウル松坡区オリンピック公園オリンピックホールで開催される。韓中国際映画祭は韓国と中国の文化共通点を分けて両国の友情をはかって新人発掘に寄与する映画祭だ。事前行事で韓中国際断編映画祭も進行される。韓中国際断編映画祭は世界各国の140余本の映画を出品受けてこのなかに優秀作品を上映、授賞する。フレッシュで完成度高い短編映画が多数出品されたし公信力高い審査委員を構成して審査の信頼性と公正性を高める予定だ。断片審査委員では俳優ファン・ウヨン(審査委員長), ガングイルホングドペックト大衆文化専門記者(編集局副局長), KBS ドラマPD キム・ウォンヨン、俳優ユ・テウン、ラッパーレピ、キム奉天SBS美術部総チーム長、イ・ジョンミンファッションビューティービジネス編集長、汚水里韓国美容協会会長が出る。新人スター発掘オーディションも開かれる。’うちの町内の芸能人作り’という名前に進行されたオーディションでソウル、清州、世宗、大田で予選戦を行って全国で25人の人才を探した。彼らの中スター性とすぐれた演技力を取り揃えた学ぶ韓中国際映画祭が製作、支援する映画に主人公で出演機会を持つようになって翌年開催される韓中国際断編映画祭に出品される予定だ。韓中国際映画祭目標は文化映画祭として多様な行事を開いて映画産業発展に長期的に貢献するのだ。主催側は “映画祭を通じて地域経済活性化と文化交流のために活発な活動をしている。いっしょに政治経済文化人の融合を通じてサド(THAAD) 問題で梗塞された両国の雰囲気をとかすことができる足場になることができるように願う”と明らかにした。今度第2回韓中国際映画祭には韓・中スターと映画人、ハリウッド映画関係者たちが大挙一緒にする。中国俳優爪牙だ、チョン・イゴン、ワングバオツァング、ハリウッド ‘キングスメン’ シリーズ監督メティユ本、監督ジャックブリングクルリ、俳優ロバートウッドなどが来韓する。またグループウィキミキが祝賀公演をしてアストルが参加して映画祭を輝かす。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1736942.htm, 2018/11/01 11:36:00]