“コミングスンチォンマンメン” ソン・ガンホ・ハ・ジョンウ、12月スクリーン戦争

ZaOnsiB_o

千万観客を捕らえた俳優ソン・ガンホとハ・ジョンウが12月スクリーン戦争を広げる。あいにくにも前作で強烈な印象を残した監督たちと出会いだから観客の期待はもっと高い。今年の一年 ‘神さまと一緒に-因果年間’を除いて、興行面でそうだと言う映画がなかった位二人の俳優の持って来る映画のどうだろうか関心が集中される。◆ ‘麻薬王’ ソン・ガンホ、’インサイダーたち’ ウ・ミンホ監督と出会いソン・ガンホは2017年 ‘タクシー運転手’ 以後1年4ケ月ぶりに ‘麻薬王’で復帰する。’麻薬王'(監督ウ・ミンホ)は麻薬も輸出すれば愛国になった1970年代、根本ない密輸屋が伝説の麻薬王になった話を盛り込んだ。ソン・ガンホは実際麻薬で時代を風味したイドサム役を務めた。先立って公開されたスチールカットで彼は時代とお金、権力を一緒にするイドサム訳科高いシンクロ率を誇る。ソン・ガンホは “70年代を貫いた人々を集約しておいた映画キャラクターイドサムを通じて私たちが経った一時代を照明しようとした”と説明した。’麻薬王’は先立って ‘インサイダーたち’で多くの人々に名前を知らせたウ・ミンホ監督の新作だ。今度作品やっぱり ‘インサイダーたち’位力強い素材と演出で観客と出会いを予告する。青少年観覧不可である ‘麻薬王’が ‘インサイダーたち’の後を引き継ぐまた一つの ‘請負を興行映画’になるか関心が集中される。◆ ハ・ジョンウ、’もっとテロライブ’ キム・ビョンウ監督と ‘PMC:もっとバンカー’で再会ハ・ジョンウは ‘もっとテロライブ’で呼吸を合わせたキム・ビョンウ監督と ‘PMC:もっとバンカー’でまた会った。この映画はグローバル軍事企業(PMC)のキャプテンエイヘブ(ハ・ジョンウの方)がCIAから巨額のプロジェクトを依頼されてDMZ 地下30m 秘密バンカーに投入されて作戦の背を握ったドクター綸旨の(イ・ソンギュンの方)と一緒に広げるリアルタイム戦闘アクションだ。国内最初に映画化された素材PMCはPrivate Military Company(プライベートミリタリーカンパ二ー)の略語で、国政も名誉もなしに戦争もビジネスだと思うグローバル軍事企業を称する。’もっとテロライブ’ 以後もう一度緊張感あふれる素材を持って出たキム監督とハ・ジョンウの出会いは期待するのに十分だ。このなかにキム監督の新しい試みが関心を集める。1人称時点のアクションシーケンスを登場させて観客が実際現場に一緒にしたような風変りな経験を感じるようにする。ここに聡気アクションと英語せりふを完成度高く駆使したハ・ジョンウの演技と知的な魅力を誇示したイ・ソンギュンのがっちりしている演技力が加わって観客の期待を高める。今年 ‘新科一緒に-イングァヨン’でもう一度千万観客を集めたハ・ジョンウが ‘PMC:もっとバンカー’でももう一度愛されることができるか関心が集まる。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1737072.htm, 2018/11/02 13:42:23]