チョン・ジェヨン・仙娥VS 児で、立場(入場)差伯仲…真実は?

8abpriB_o

DJ DOC チョン・ジェヨン・仙娥と子供詩語の所属社間の真実攻防が加熱されている姿だ。両側が相反した主張をしていて真実可否に関心が集中されている。1日チョン・ジェヨン所属社シュポゼムレコドは公式立場(入場)を出して児で側関係者が ‘脅迫’をしていると主張した。シュポゼムレコドは “2年前 (チョン・ジェヨンと仙娥の) 付き合い実は中当時付き合いができないようにする懐柔と圧迫を受けたしずっと付き合いが成り立つと予備花嫁が当時チームで脱退をする状況になったということを (児で所属社が) 認知した”と言った。引き継いで “チョン・ジェヨンさん結婚記事が出た後急に連絡が来てで ‘この前に借金したのがあるから返しなさい’ ここに予備花嫁が本人は返すお金がないというと ‘である処理しなければチョン・ジェヨン名前かけて記事化する’と言うなどいろいろな脅迫で祝いを受けなければならない予備花嫁にしてはいけない主張と脅迫をしている”と声を高めた。それとともに “債務関係や主張することがあれば正常な他のルートを通じて連絡を取ったり法的な手続きを踏めば良いこと”と言いながら “当社は本人のどんな金銭的な利得や無形の利潤を取るために現在行ってこんな破廉恥な仕業をやめてくれるように願う”と強調した。しかし児で所属社の立場(入場)はあんまり違い。先立って同じな日所属社はスポーツ朝鮮を通じて仙娥がチームで無断に離脱したと主張した。所属社は “仙娥の結婚消息が分からなかったことはもちろん専属契約が有効なのにチームで無断離脱した状況”と説明した。仙娥と所属社間の契約が約3年位残ったということ。弁護士と論議して対応するという立場だ。両側の立場(入場)が平行線を走っている中に真実可否に帰趨が注目されている。一方、チョン・ジェヨンと仙娥は来る12月1日ソウル江南瑞草区リバーサイドホテルで結婚をする。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1737038.htm, 2018/11/02 09:39:45]