パク・ヘミ夫荒民、初の公判で疑い認定

GUfzsiB_o

飲酒運転で5人の死傷者を出した俳優パク・ヘミ夫荒民さんが初の公判で自分の疑いを認めた。2日議政府地方裁判所では交通事故処理特例法違反(致死) 疑いで拘束起訴されたミュージカル演出家荒民さんの初の公判が開かれた。法廷に姿をあらわした硫黄さんは “収監生活ストレスで顔面麻痺症状が来て言うのが大変だが今日裁判は受ける”と言った。この日検察は当時事故場面が盛られたブラックボックス映像を公開した。公開された映像には硫黄さんの車が先立って走ったバスの車線変更をスピートの出しすぎで被害追い越す中横道で離脱して事故の起こる場面がそっくりそのまま盛られた。硫黄さんは検察が提起した公訴事実を認めて提出された証拠に対しても同意した。硫黄さんの弁護人は “被害者たちと合意するために努力しているから次裁判期日を延期してくれ”と要請して裁判所をこれを受け入れた。次の裁判は来る28日午前10時に開かれる。一方、硫黄さんは去る8月27日午後11時15分頃九里市川辺北路南揚州方向討平ナドルモック隣近で酒に酔ってクライスラーダッヂチャレンジャーSRT ヘルケッスポーツカーを駆って行く横道に停車の中だった25t 貨物車を突き飛ばした疑いを受けている。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1737079.htm, 2018/11/02 14:26:21]