終映 ‘手the guest’, 自体最高視聴率4.1% 記録

L2fpriB_o

‘手the guest’が有終の美をおさめた。2日視聴率調査会社ニールセンコリアは前日午後11時放送されたOCN 樹木オリジナル ‘手the guest'(手もうゲスト)が視聴率4.1%を記録したと明らかにした。この日最終回(16回)からケーブル、IPTV, 衛星を統合した有料プラットフォーム視聴率は家具平均4.1% 最高4.5%を記録、自体最高成績を更新した。前日最終回ではユン・ファピョン(キム・ドンウクの方), ツェユン(キム・ジェウクの方), ガングギルヤング(チョン・ウンチェの方)が反転に反転を繰り返えしてパク一刀を処断する過程を描いた。良臣部(アン・ネサンの方)が死んだ後副馬者のビングウィが解けてドックリョングマウルは平和を取り戻したがパク一刀と決戦は易しく終わらなかった。パク一刀は良臣部ではないお爺さんユンムイルだったことだ。これが分かるようになったユン・ファピョンは自分の身にパク一刀を受け入れて海に駆け付けてパク一刀と終りを一緒にしようと思った。命が危なげな状況でもツェユンはユン・ファピョンを求めようと彼の手首にロザリオを巻いて駆魔祈祷をした。しかしユン・ファピョンはロザリオを解いてツェユンを水面の上で押した。そのようにパク一刀の力が消えて平和が尋ねて来た。1年後、ツェユンとガングギルヤングはユン・ファピョンが生き残ったということが分かるようになって微笑む。’手the guest’はいつでもまた帰って来ることができる悪霊、悪霊よりもっとあくどい人間の裏面など社会を通察するメッセージを残した結末で完璧なピリオドを付けた。最終回視聴率は前日電波に乗った地上波含み水木ドラマの中一番高い数値だ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1737039.htm, 2018/11/02 09:40:51]