ソルヒョンを鳴らした ‘にせ物ソルヒョン’

b4i7viB_o

# 合成して上げます。DMで写真だけボネズセヨゴドングハックギョ2年生に在学中のキム君(18)はガール・グループメンバーAのファンです。少女漫画から飛び出したようなAの外貌して清くて清雅な声までぴったりキム君の理想型ですよ。キム君は勉強しながらくたびれる度に彼女を思い浮かべて力を出します。キム君は今日も自分の携帯電話を利用してAの ‘ウムチァル'(動く写真)と高画質映像を検索します。情報の海、インターネットを歩き回ってAの跡を探しています。あの時、キム君を驚かす写真一枚。Aの顔にヌードを合成した写真です。刺激的なポーズと表情のA. ところが。..ヌードフォトにはっと驚いたことも少しの間。キム君は自分も分からなくA嬢の合成写真を密かに保存します。そして掲示物をあげた人にメッセージを送ります。”他の写真も合成が可能でしょうか?”# 補給型ソラネット ‘タンブラー’.正体が知りたいタンブラー(Tumblr).インスタグラムとツイーター、ブログを合しておいたようなソーシャルネットワークサービスを意味します。国内で流行り始めたことはスターたちが放送に出演してSNSを利用する場面が電波に乗ってからです。タンブラーは関心事とイメージを共有して購読する文化を中心に人気をあつめました。そうだから国内でもスターが好きなファンが多様な写真と ‘ウムチァル’をタンブラーで共有して多様なコンテンツを量産します。規制のない自由はたまには毒で作用したりします。直観的なインターフェースのせいに淫乱映像及び写真などの流布もとても易しいからです。原文を削除してもリブルログされた文が残っているということも大きい問題です。一度流布した淫乱物が取り留めることができなく拡大再生産されるから。# ディブペイクをご存じですか?ディブペイク(Deep fake).ポルノ映像や写真を有名人の顔と合成して作った編集物を意味します。人工知能を活用した編集技術が発展すると尻馬に乗ってデジタル性犯罪、ディブペイクも増加する成り行きです。初めには有名人を中心にした合成編集物が全部だったが、最近には一般人を対象にしたディブペイクムルも易しく探すことができます。陰地で行われる闇取引も活発で。国内ではガール・グループAOAのメンバーソルヒョンがディブペイク動画の主人公になったりしました。大人俳優のヌードにソルヒョンの顔を巧みに合成したディブペイクムルはメッセンジャーとSNSを中心に急速に広がりました。’合成’という題目代わり ‘流出’という題目で伝えたソルヒョンのディブペイク。彼の私は彼氏携帯電話から出たと言う(のは)具体的な説明まで加わって人々を混乱するようにしました。SNSを検索してみるとソルヒョン外にも幾多のガール・グループメンバーがディブペイクの見代わりになったことを難しくないように見られます。男芸能人写真をゲイ物に合成した編集物から未成年者スターを大人物に合成したことまで多様です。最近には一般人もディブペイクの被害者になっています。一般人の登場するディブペイクムルは大部分 ‘情報提供’で行われます。子供っぽい女学生たちの顔をポルノ俳優身に付けておいた後デマまで一緒に添えた掲示物は数百、数布地です。# 綿棍棒処罰に二度泣く被害者アメリカ企業であるタンブラー。タンブラーでは使用者たちのアカウントに上って来るコンテンツを検閲しないです。このために過激であったり暴力的な内容、成績な内容、不法的な内容でタンブラーを運営する人々も多いです。タンブラーとツイーターなどソーシャルネットワークサービス(SNS)にディブペイクと係わるキーワードを入力してみました。いくばくもなくて数百個のアカウントが検索されます。その中人工知能を活用して精巧な合成写真と動画を作ってくれる対価でお金をもらう人々もいます。粗悪な組写真の場合無料で配布するが、精巧な合成写真はポーズと合成する体つき、モザイク有無で価格を分けて販売します。ディブペイクなどを活用したこのような合成写真と動画流布は明白な犯罪行為です。しかし処罰水準は綿棍棒水準です。合成写真や映像を商業的目的に製作して流布する行為は情報通信網利用促進及び情報保護などに関する法律70条(サイバー名誉毀損)や刑法第244条(陰画製造など) 違反などで処罰されます。しかし当事者の被害位より共益毀損に焦点が合わせられたせいに流布者は大部分罰金刑に止めたり軽い懲役刑を受ける場合が多いです。国会に発議された性暴行処罰法改正案をよく見ました。改正案によると他人の身体が撮れた撮影物を成績欲望や成績羞恥心を誘発することができる撮影物に再編してこれを頒布・販売・賃貸・提供したり展示・上映した人に対して3年以下懲役や500万ウォン以下罰金に処するという条項があるが、事実上処罰さえ易しくない実情です。彼らが使うSNS プラットフォームがタンブラー、ツイーターなどアメリカに基盤を置いたサイトだと国際共助が易しくないからです。運が良くて犯人を捕まえると言っても罰金や執行猶予位で事件が仕上げされる場合が大部分です。ソウル警察庁所属警察関係者はに “たとえ申告をして犯人を捕まえようとする意志があっても外国に基盤を置いたSNS サイトで会員たちの個人情報を共有することは極めて珍しくて国際共助は事実上難しい”とちょっと気抜けする返事を出しました。関係者はまた “国際共助だけでなく捜査に取り掛かっても長い間の時間がかかるのが普通ディブペイク犯罪の特徴”とも付け加えました。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1737131.htm, 2018/11/03 05:00:02]