チョン・ジェヨン♥仙娥結婚からカン・ハンナ妄言まで、芸能界 ‘ゴタゴタ’

OkKTuiB_o

いつもそのように11月第1週芸能界も騒騒しかった。一方では恋愛・結婚・出産消息で愛の結実を結んだスターたちの消息が相次いで聞こえた。一方もう一つの一方では各種論難で多くの人々の眉をひそめるようにした。チョン・ジェヨン♥ちゃんで仙娥結婚ヒップホップグループDJ DOCのメンバーチョン・ジェヨン(45)がガール・グループちゃんで出身仙娥と2年熱愛終りへ来る12月1日結婚する。二人の年の差はおおよそ19歳で、現在仙娥は姙娠9週目だ。烏究橋役目は大人娯楽チャンネルVIKI TV ‘とてもおもしろいショー、アゼショシーズン2’で知られた。しかしチョン・ジェヨンと仙娥の結婚の知らせが知られると仙娥が脱退したグループ児で側が “仙娥はグループを無断離脱したし債務が残った”と主張した。チョン・ジェヨンの所属社シュポゼムレコドは “2年前 (ふたりの) 付き合い事実を (児で側で) 分かるようになると付き合いができないようにする懐柔と圧迫をし、ずっと付き合いが行われると予備花嫁(仙娥)がチームで脱退をする状況になったと言う事実を認知した”と説明した。引き継いで “結婚記事が出た後急に (児で側で) ‘この前に借金したのがあるから返しなさい’と言い、予備花嫁が ‘返すお金がない’高下字 ‘チョン・ジェヨン名前をかけて記事化する’と言うなどいろいろな脅迫をした”と立場を明らかにした。これと関して仙娥はインスタグラム掲示物を削除して、非公開で切り替えた状態だ。チーターは恋愛中価数チーターが先月30日放送されたMBC エブリワン ‘ビデオスター’で熱愛事実を明らかにした。彼は ‘ビデオスター’で “いつも行く行きつけの店社長が探して間酒席で彼氏に会った”とし “初目に比べて恋愛までゴールインした”と言った。引き続きチーターは自分の熱愛スタイルに対して “直進するスタイルだ。私の家でパーティーをたくさんする方だから彼氏仲間を招待した。ママに彼氏と言ったら ‘人形が歩いて来るかと思った’と言っていたよ”と誇った。それとともに “(彼氏) 手足がギルツックギルツックして白い肌に顔が長細い。イ・ジョンソクさん感じと似ている”と言って関心を集めた。チーターの所属社C9エンターテイメントはに “(チーターが) 放送で明らかにした熱愛告白は皆事実”と言いながら “アーティストの個人プライベートだからこれ以上は申し上げにくい”と言葉を惜しんだ。結婚を前提にする熱愛なのか、チーターの彼氏が公認かと言う質問にもまったく同じな返事を出した。ハン・チェア♥チァセチ、結婚5ヶ月ぶりに得女俳優ハン・チェアとチャ・ボンクン前サッカー国家代表チーム監督の三番目息子チァセチ夫婦が結婚5ヶ月ぶりに娘を胸に抱いた。所属社ミスチックエンターテイメントは “ハン・チェアさんが先月30日午前元気な女の子を出産した”とし “産婦と赤んぼうは皆元気な状態”と明らかにした。引き継いで “珍しい生命を迎えたハン・チェアさんと家族たちの未来に暖かい祝福送ってくださってほしい”と付け加えた。▼ ソン・ヨンジェ、アックプルロと戦争 “善処ない” 前体操選手ソン・ヨンジェがアックプルロと戦争を宣布した。彼の所属社HCPは公式報道資料を通じて “ソン・ヨンジェに向けた虚偽事実流布と悪意的な誹謗に法的にする”と明らかにした。所属社は “最近オンラインポータルサイト及び多数のコミュニティ、SNS 上で悪意的な意図を持ったネチズンたちの常習的な楽聖掲示物とコメントが深刻な実情に至ったところ、当社はこのように度を越した行動をこれ以上見逃すことができないと判断した”とし “虚偽事実流布と楽聖掲示物とコメントなど無分別に広がってイッ増えた名誉毀損性掲示物に対する力強い法的措置を取る予定”と明らかにした。▼放送人カン・ハンナ、日 放送で妄言日本で活動している放送人カン・ハンナが日本放送で妄言をして論難を起こした。彼は去る27日放送された日本読売TV ‘トクモリ吉本’に出演した。彼は “私が分かるには芸能人100人の中で99人が (成形を) する”と韓国では芸能人だけではなく一般人も成形をたくさんしていると言った。引き継いで “韓国芸能人友達が多いのに会う度に顔が変わる。じっと見れば恥ずかしがる。’した’と言わない。そこまでオープンしない”と言ってパネルを驚かした。以後国民請願掲示板には ‘カン・ハンナ放送人韓国で放逐してください’ ‘カン・ハンナを永久入国禁止してください’ などの文が上って来ている。該当の掲示文には ‘日本行って金儲けしようと国売り込む放送人カン・ハンナ、放送も出る事ができなく (してください) そして韓国国籍剥奪してください。あんな国民必要ないから’という内容が書かれている。カン・ハンナはこれと関してどんな立場(入場)も出していない状況だ。カン・ハンナは ‘野菜は日本女達のように’ ‘京都、ヒュ’ など本を出刊して関心を受けた。2007年日本気象キャスターに活動して顔を知らせたカン・ハンナはリポーター、俳優でも活動している。▼ ワーナー院盗作論難グループワーナー院が新しいアルバムティーザー盗作論難に巻き込まれた。映画 ‘ヘドウィグ’ 演出者と同時にヘドウィグロビンソンを引き受けたゾーンカメロンミッチェル監督は先月30日インスタグラムにワーナー院新しいアルバムティーザーを報告 “少し無礼だ”と言及した。ゾーンカメロンミッチェルは “Kポップバンドワーナー院がヘドウィグの象徴イメージと歌 ‘the origin of love(もっとオリジンオブラブ)’を使った”とし “とても古い神話は甘い対象でもあるが、易しく単純になることができると言うのが悲しい”と言った。引き続き彼は直接ワーナー院のティーザーを再生した。そしてオーディオティーザーで ‘ヘドウィグ’の ‘The origin of love’が流れ出ることを見て “少し無礼だと思う”と盗作疑惑を提起した。これと関してワーナー院所属社スイングエンターテイメントは “辞書検討過程で該当の件は愛の起源だという哲学的概念をもとに人類が共有しなければならない価値で霊感を得た ‘アイデア領域’なので著作権敵観点ではイシューがないことと確認された”と立場を明らかにした。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1737123.htm, 2018/11/03 00:00:02]