ディブプルロウが言った ‘ショー・ミー・ザ・マネー777’ 裏話描いてVMC

rR3nviB_o

ラッパーディブプルロウにMnet ヒップホップ競演プログラム ‘ショー・ミー・ザ・マネー777’は良い機会だった。自分が首長であるヒップホップラベルVMCの色をよく見せてくれることができるきっかけになり、実力派ラッパーを見て刺激も受けた。彼は “現場で受けた刺激とお爺さんでまた熱情を取り戻したようだ”と言った。ディブプルロウはアングラで10年以上活動した。ヒップホップウェゴールスドルの間ではもう有名な彼だが大衆に本格的な顔を知らせたのは何年にならなかった。’高等ラッパー’と ‘ショー・ミー・ザ・マネー777’に出演しながらだ。しかし彼の長年のファンは “放送物飲んで変わったのではないか”と言うすねた口ぶりを出している。”そんな視線に対しては十分に分かっています。しかし私はどんな表面積な先入観だと思います。放送に出演したと言って私の音楽が、またVMCの音楽色が変わったのではないんですよ。ただ見えるのが違うだけです。私どもに100% 関心があったら音楽色がむかしのままなの卵ことです。今度 ‘ショー・ミー・ザ・マネー’に出演したことももうちょっとこの前VMC スタイルの音楽を見せてくれるためでした。”ディブプルロウは ‘ショー・ミー・ザ・マネー777’でVMC 所属ラッパーと同時に ‘ショー・ミー・ザ・マネー’ シーズン6 準優勝者ずるとさとともに審査委員を務めた。彼らチームで一緒にしたラッパーはEK, キム・ヒョウン、チァブム、LOSで ‘牌’ ‘XXL’ ‘死んでも良くて’ ‘GOD GOD GOD’ などの歌をそれぞれ出した。この歌大部分は遅いビートと強烈することで武装した。同時に中毒性もある。”歌たちが大好きだ”と言うとディブプルロウは “趣向が特異だ”と笑った。”‘ショー・ミー・ザ・マネー’で他のプロデューサーチームはトレンディな音楽を下は友達じゃないでしょうか。われらはそこで音源順位で勝負見るより私どもばかりのポジショニングをするのが競争力あると思いました。それでグックダックゾックなブムベブサウンドを志向し、その中でも人々が好きなVMCの色を入れたんです。実は底意芳香性と符合しないです。’究豆’や ‘牌’ のようなことだけ作りたい人ではないがこのようなのを見せてくれるのがおもしろくはあるんじゃないか。決定的に人々は私がトレンディなトラップをすることを願わないと思いました。”一緒にしたラッパーはディブプルロウ・ずるとさと鏡餠呼吸を成した。彼らが出そうとする色を明らかに見せてくれて ‘ショー・ミー・ザ・マネー777’で独歩的な道を歩いた。音源順位で滞るかは分からなくても、彼らの音楽的色をはっきりと見せてくれるきっかけになった。ディブプルロウにプログラム裏話を聞いた。”私どもが願った友達とぴったりチームになったです。実は優勝候補はいなかったんです。ところで私たちがあの友達を作ってくれれば ‘優勝候補になるのに?’というものが出るほどに期待するのを高めることができるようでした。またこの友達が本戦に出た時個人曲で ‘このようなのをしなくてはならない’というのがあったが、今すぐミッションに相応しいのにするために思ったより早く曲を出すようになったんです。”ディブプルロウはキム・ヒョウンの ‘XXL’とチァブムの ‘死んでも良くて’ などの裏話も解いて置いた。”(キム)ヒョウンイの ‘XXL’は決勝に行けばあの時歌う曲だったです。必殺技であの時斧を呼ばなければならなかったが。.. (笑い) 実はヒョウンイの声は大衆的な歌を歌う時強くアッピールされにくいです。それでヒョウンイがうまくできることをしなければならないと思って一番ヒップハブスロウン歌を作ろうとしたんです。’XXL’ メタファー(隠喩) 自体がヒップホップ服を意味します、またヒップホップ雑誌XXLもあるのにここに中で評論もします。この時一番高い点数がXXLです。そんな意味を付与して作りました。ヒョウンとよく似合います。”チァブムは放送を通じて珍しい性難病 ‘ギルレング-バレ症候群'(急性炎症性脱水初声束ニューロパチー)を病んでいると知られた。カメラの前では限りなく愉快で気ばたらきあふれた彼の裏面が公開されながら多くの視聴者が衝撃を受けた。”チァブムは放送で明るい姿だけ見せてくれたがりました。彼のアゼみたいな姿が魅力あるんじゃないか。またそんな姿を多くの方が好きで。チァブムの ‘死んでも良くて’と言う実はレトロしたサウンドを加えて田舎臭くしたかったです。ところでチァブムが今度はちょっと他の姿を見せてくれたいと言ったんです。良かったです。ソンウ・ジョンアさんフィーチャリングも卓越だったと思います。”ディブプルロウは ‘ショー・ミー・ザ・マネー777’で水準の高いラッパーの実力をもう一度確認したと言った。”他のシーズンと確かに仕分け作ることはできないが出演者大部分ヒップハブシンで一本する方々です。デーアクだけ除いてすべて分かる人々である位ですよ。’あの人があの位上手だったか?’という考えがたくさんしました。今度シーズンでは斜眼ができなくて落ちた人はいないです。対陣運が好きiない、その日のコンディションが良くなくて落ちたのです。現場で本当に刺激たくさん受けました。”彼が眺める他のチーム審査委員色が知りたかった。彼は “歴代 ‘ショー・ミー・ザ・マネー’ 中で一番若い世代に構成された破格的なラインナップではないかと思う”と言った。”ドクァイオッ・チァングモチームはイルリネオという高級な色と若いアーティストの出会いですよ。イルリネオブランド自体が1位だというイメージがあってそのポジショニングを確かにしたようです。ギリボイ・スウィングスチームはギリボイの実験的な音楽とスウィングスの悪童イメージがあるから新しくて粋な音楽ができるチームです。腕路アルト・コードクンストチームは初めには疎いながらもシナジーが良いようです。コードクンストはギリボイより実験的ではないが安定的ながら珍しくて独創性があります。また腕路アルト兄さんの大衆親和的な色が会いながら良いシナジーを出すようです。この人々は ‘インサ(インサイダーの略語) ヒップホップ’ 私たち(ディブプルロウ・ずるとさ)は ‘アサ(アウトサイダーの略語) ヒップホップ’ですよ。(笑い)”ディブプルロウは今年の一年 ‘今日もスウェック’ ‘高等ラッパー2’ ‘ショー・ミー・ザ・マネー777’ など多数のプログラムに出演した。その間アングラで長年の生活をした彼が水面の上で姿をあらわして本格的な頭角を現わしている。これから彼の活動がもっと期待される。”事実 ‘今日もスウェック’を撮影しながら本当に悪口を言われました。音楽をする時は暗いのに ‘今日もスウェック’では笑いを与えているとそこから来る異質感がかなり大きかったようです。’影響力と言うのが生じたな’を感じたがこれをきっかけで私がもっと我に返るようになりました。当分は公演活動続きそうです。”
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1736801.htm, 2018/11/03 02:00:02]