オム・エンラン “夫、責任を負わなければならない長男”…シン・ソンイル、波乱万丈人生史終わる

fLdbEiB_o

“つまらないものなの。私が勝ち抜けるつもりの。私が奇跡を成すつもりの。”故(故) シン・ソンイルが肺癌3育てる宣告されて末娘カン・スファさんにこんなに言った。カン・スファさんはお父さんが癌を宣告されても本当にもとのままだったと言った。強靭な精神力で癌も勝ち抜けるようだった彼が4日午前2時25分税上を発った。これと同時に彼の波乱万丈した人生史も81年ぶりに幕を閉じた。彼の波乱万丈した人生史にオム・エンランを漏らすことができない。シン・ソンイル・オム・エンランは世紀のスター夫婦で、市民4千余人が見る前で結婚した。しかしシン・ソンイルの自由な生活と外道で、結婚生活は順調ではなかった。カン・スファさんの言葉によれば二人は1975年から別居生活をした。結婚生活半分以上を別に暮したわけだ。去る3月放送されたMBC ‘人が好きなの’でカン・スファさんはシン・ソンイル・オム・エンランに対して “お二人様が結婚しなくなければならないスターだった”とし “各各生活習慣がとても違う。二人とも一人で生活を楽しみながらかっこいく暮さなければならなかった”と言った。オム・エンランも放送で “(シン・ソンイル) 手まめなのは誰も付いて行く事ができない。訓練所に行くのが当たること”と言いながら “夜明け4時に起きて犬ひいて裏山へ行ってから下って鶏小屋報告、食事してまた音楽聞いて忙しい”と言った。それとともに “私は怠けな方で、朝寝坊する。いつも大目玉を打った”と全然違ったスタイルだと言った。しかし老年に入ってから二人の関係は変わった。2016年オム・エンランが乳房癌手術を受けた後からだった。シン・ソンイルはオム・エンランの家に訪問する回数がだんだん多くなったら、後には看病すると螺旋のだ。シン・ソンイルはオム・エンランを向けた愛情を隠さなかった。彼はオム・エンランと会って “あなた顔見れば楽だ。鼻と唇してからは百万ドル組むよ”と言いながらスキンシップを試みた。オム・エンランは “張り切ていた時はあまり好きではなかったのに。私がしわがザグルザグル負けるから言うのね”と言いながら恥ずかしいようにつっけんどんに言った。オム・エンランは製作陣とインタビューで “若かった時は唇もつやつやとキスしてもするが、老けた口に匂いがするのにポポは何のポポだ。だから私が避ける。私の劣等感であって”と言いながら本音をあらわした。シン・ソンイルは ‘人が好きだ’から “公開的に話そうとするとオム・エンランさんが (病院費を) すべて計算した。幾千だけウォン出たの。それで年始に久しぶりに電話した”と言った。引き続き彼は “電話して ‘ありがたい’と言ったら ‘笑わせる話するのね’と言った”とげらげら空笑いをした。カン・スファさんは製作陣とインタビューでママオム・エンランの言葉を借りて “(シン・ソンイルは) 私が責任を負わなければならない長男。食わさなければならなくて、私が死ぬまでシン・ソンイルはVVIP 特室で言い返えして亡くならなければならない”と言った。オム・エンランは娘に “(シン・ソンイルが) 小さい部屋に病院費もなくて見窄らしく死ぬの見られない。なぜ?私の主人だから責任を負わなければならない”と言いながら “お金借りに通いながら病院通って子たちに物乞いをしてそんなこといやだ。私たちは同志なの。最後までかっこいく死ななければならない”と言いながら夫シン・ソンイルは ‘同志’と表現したと言った。生の紆余曲折程お互いに対する心が深かった二人。これからは折れ曲がった結婚生活を締め切るようになった。しかし相変らず多い人々胸には ‘世紀のカップル’という美しい残像が残っているでしょう。シン・ソンイルは幸せに対して “幸せという件遠くあるのではない。イ・グァンス作品から出る言葉なのに幸せと言う(のは)虹は美しい山越しあるのではない。自分の懐にある幸せを探さなければならない”と言った。1937年慶尚北道大邱生まれであるシン・ソンイルは1960年映画 ‘ロマンスバイバイ’を通じて俳優で第一歩を踏み出した。以後 ‘素足の青春’を含めて ‘星の故郷’ ‘初虞’ などに出演して多い人気を呼んだ。一方シン・ソンイルの葬礼は映画印章に厳守される。共同葬礼委員長は地会長と後輩俳優アン・ソンギが引き受けたし、顧問はシン・ヨンギュン・キム・ドンホ・キム・ジミ・ユン・イルボン・金洙容・ナムグン・ウォン・イム・グォンテク・鄭猿宇・この二つ用・オ・ソグン・ムンフィが引き受けることにした。告別式は6日午前10時に進行して、午前11時ソウル追慕公園で故人を移して化粧する。葬地は慶北霊泉のションヨンだ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1737204.htm, 2018/11/04 14:06:26]