国民俳優シン・ソンイル死亡…オム・エンラン・韓紙である “胸破れる”

gf7NEiB_o

‘韓国映画界大きい星’ 故 シン・ソンイル(カンシン・ソンイル・81) 葬礼が4日午後1時から始めた中にシンさんの配偶者であるオム・エンラン(82)さんがソウル峨山病院でマスコミとインタビューを進行した。俳優オム・エンランは不便な体を導いてこの日午後3時頃インタビューを進行した。オム・エンランは記者たちの前で “胸が痞える”と言った。俳優韓紙である(本名ハン・ジョンファン)はわ単独インタビューをした。ハン知日はインタビューで “健康食品などプレゼントを準備したがそれも受けなくて行く”とし “あまり切ない”と言いながら涙を流した。それとともに “シン・ソンイルは映画しか分からなかった人”と言いながら “カリスマが独歩的だった”と回想した。故人とハン知日は映画 ‘ギルソトム(1985)’で一緒に出演しながら初めて会った。韓紙である(本名ハン・ジョンファン)は自分の芸名を一緒に出演したシン・ソンイルの ‘である’, キム・ジミの ‘だ’を取ってハン知日で作ったと知られている。そのためかハン知日は葬儀場に立ち入るやいなや涙をこぼしてみる早い切ないようにした。一方、故 シン・ソンイル葬儀場にはこの日午後から多い弔問客たちが殺到して映画界・政界を含んだ各界から70余個の花輪が到着した。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1737212.htm, 2018/11/04 16:41:35]