故 シン・ソンイル、続く追慕行列。..映画ファン ‘哀悼’

oCY7FiB_o

映画界の大きい星が知者、映画を愛した人々の哀悼波がつながっている。俳優シン・ソンイルの殯所に弔文行列が絶えていない。故シン・ソンイルの殯所が4日(今日の) ソウル峨山病院葬儀場に用意された。急な彼の死亡消息に各界人士は殯所を尋ねて故人を追慕した。先に、妻である俳優オム・エンランは殯所で取材陣に故人を出てみ出す心境を明らかにした。彼は故人を ‘同志’と言って “彼は家庭の男ではなかった。社会の男、大門外の残ろうだった。仕事に及んですべての家事は私に任せて映画ばかりして通った”と言った。また “であるでなく気をを使わなかった。遅く入って来て寝て朝早く出た。スケジュールが忙しかった。今はおもしろく思慮でもしたら帰った。私の星回りがこのようだ”と悲痛な心境を明らかにした。多い大衆文化界人士の足もつながった。沈痛な顔で一番先に殯所を尋ねた俳優チェ・ブラム、グループ ‘トト’ 出身ファン・ヒェヨン、釜山国際映画祭キム・ドンホ前執行委員長が殯所を尋ねて彼を追慕した。引き続き俳優イ・スンジェ、キム・スミ、チョ・インソンなどが弔問して故人を称えた。俳優チョン・ドヨン、ソン・ヘギョ、キム・ハンキル-チェ・ミョンギル夫婦、カン・ジェギュ監督、カン・ウソク監督、歌手文珠蘭など幾多のスターたちも花輪で故人を哀悼した。またムン・ゼイン大統領を含めてイ・ナックヨン国務総理、トゾンファン文教体育省長官、キム・ブギョム行政安全部長官、オ・ソグン映画振興委員長などが調和を送った。映画ファンも1960年代、1970年代約100本の映画を出演した彼を思い出して故人を哀悼している。”おしゃれスターシン・ソンイル様がいらっしゃいましたね。私たちの人生は草の花の同じですね。スターも私たちのような平民もちょっと咲いた行く人生です”(hkhh****), “あまりも若くて美しかったオム・エンランシン・ソンイル思い出。..この皆歳月に消えるね。..一場春夢よ”(tory****), “本当にある時対価暮れますね。ご遠慮故人のどうもご愁傷様です”(myso****)などの反応を見せている。葬礼は映画印章で行われる。普段故人と親しみが厚かった映画人たちは朝早くから殯所を尋ねて来て葬礼手続きを論議した。韓国映画俳優協会など映画祭関係者たちが遺族と一緒に葬礼に対する具体的な手続きを論議し、映画印章(韓国映画の発展に貢献した芸術人の業績を称えるための葬礼手続き)で進行することに決まった。先立って故人は前日の3日午後時ならぬ死亡誤報と繰り返し変更される記事で騒動を経験したことがある。急に病勢が悪くなった彼の状態に家族たちはもしの状況を備えて葬儀場を予約してここに死亡説が広がったのだ。以後家族たちは殯所予約を取り消して経過を見守ったが結局半日も経つことができなくて訃告を知らせなければならなかった。故シン・ソンイルは4日午前2時25分1年半の間の肺癌闘病あげく世を去った。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1737227.htm, 2018/11/04 22:05:22]