故 シン・ソンイル殯所1時から弔文手始め…オム・エンラン姿も

USlhEiB_o

‘韓国映画界大きい星’ 故 シン・ソンイル(カンシン・ソンイル・81) 葬礼が4日午後1時から始めて弔問を受け始めた。この日ソウル峨山病院葬儀場に用意されたシン・ソンイルの式場では映画人たちが並んだ。映画関係者たちが家族たちとあいさつする姿の中遺族たちの間でシンさんの私は妻である俳優オム・エンラン(82) 姿も見えた。遺族では奥さんオム・エンラン、息子カン・ソクヒョン(51), 娘驚訝(53)・手話(48) さんがいる。体の調子が悪いと知られたオム・エンランは午前11時頃殯所が用意されたソウル峨山病院に杖をついたまま現われた。この日韓国映画俳優協会はシン・ソンイルの業績を称えるために映画印章で進行すると知らせた。共同葬礼委員長はシン・ヨンギュン韓国映画俳優協会名誉会長とその他協会任員陣、映画監督などで構成された。告別式は来る6日午前10時進行する。一時間後の11時ソウル追慕公園で故人を移して化粧することで伝わった。葬地は故人が家屋だった慶尚北道永川市ションヨンだ。一方、故人は去年6月肺癌3期判定を受けた手厚い療養病院で抗がん治療を受けて来た。去る3日から病状が病勢が悪くなって全南大学病院に移されたがこの日夜明け2時25分死んだ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1737205.htm, 2018/11/04 14:29:27]