キム・ジュンス、今日(5日) 全域…論難踏んで復帰成功しようか

HCHdJiB_o

グループJYJ(在中楡川順守)の順守(XIA, 本名キム・ジュンス)が5日午前、21ヶ月の義務警察服務を終えてファンのそばに帰って来た。キム・ジュンスは5日午前9時30分頃京畿道水原市長安区錬武洞京畿南部警察庁で全域式を終りに全域した。この日現場にはキム・ジュンスの全域を祝う500余名の国内外ファンが多様な応援メッセージを盛ったまだらなプラカードを持って来て ‘韓流スター’の帰還を祝った。全域式を終えて取材陣とファンの前ではキム・ジュンスは “1年9ヶ月の間鈍くなっていたがこんなに遠い道を尋ねて来てくださって感謝する”とし “こんなにファンがたくさん来ることができなかった”と全域所感を伝えた。引き継いで “まずがっくり眠りたくて旅行も通いたい”とし “舞台に上がって良い姿もお見せしたい。再充電の時間を持って舞台に復帰する”と言った。キム・ジュンスはまた “(JYJ メンバーたちと) 祝うという話を分けた。ワンゾンチェで舞台に立つことはいつになるかも知れないが、論議してみる”と説明した。彼は “具体的な計画はマスコミで明らかにするが、個人的に舞台でファンと呼吸する機会をたくさん作ってみる予定だ”と全域後歩みを言及したりした。キム・ジュンスは去年2月忠南論山陸軍訓練所に入所して日程期間軍事訓練を終えた後京畿南部地方警察庁紅よりは所属で21ヶ月間兵役義務を履行した。充実に軍生活に臨んだキム・ジュンスだったが服務期間の間彼が所有した不動産と関連、相次ぐ悪材で困境に処して口舌に上がってひどい目にあったことがある。彼が保有した済州ホテル工事代金が問題になって建設社が訴訟を提起してキム・ジュンスが敗訴となったから。また未払い金が債券移行などの過程でまた他の不動産が強制競売に付するなど悪制が重なった。当時済州地方裁判所は建設社がキム・ジュンスを相手に提起した二件の貸与金訴訟で “キムさんは建設社に38億ウォンを支払いなさい”と原告に勝訴判決した。この判決と係わってキム・ジュンス側は法律代理人を通じて直ちに抗訴して不当な部分があることをアッピールしたことがある。これと別個でキム・ジュンスの除隊にファンは熱い歓迎で彼のカムバックのみを望む気付きだ。キム・ジュンスが呼吸後 ‘不動産論難’をさっさとはたいてもう一度翔けることができるか。もう一度韓流スターJYJの威厳をふるうことができるか人々の目と耳が傾いている。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1737255.htm, 2018/11/05 10:47:07]