パク・ジンヨン、JYP 新株引受権行事で189億ウォン ‘ジャックポット’…なぜ?

PxgcJiB_o

JYPエンターテイメントの最大株主にしよう代表プロデューサーであるパク・ジンヨンが新株引受権行事で189億ウォン規模の評価差益を出した。新株引受権は会社成立後新しく株式を発行する場合その株式をまず決める権利を言う。JYPエンターテイメントはパク・ジンヨン株主が30億ウォン規模の思慕子株引受権府社債の新株引受権を行使したと去る2日公示した。新株引受権の行事価額は1週当り4311ウォン、行事株式数は合計69万5894主に発行株式総帥対比2.01%にあたる。会社側は “パク・ジンヨン株主が新株引受権証書を行使した事項で、個人株式担保貸し出しで用意した30億ウォンを行事代金で会社に株金納入完了した”と明らかにした。パク・ジンヨンは新株引受権行事で去る2日JYP 終値(3万1500ウォン) 基準一株当り2万7189ウォンに合計189億ウォン規模の評価差益を得た。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1737248.htm, 2018/11/05 10:43:30]