冬に尋ねて来たホラームービー、’余穀性’ ‘ドアロック’

lDqmJiB_o

“冬にホラームービーだなんて?”映画 ‘余穀性’と ‘ドアロック’が来冬映画館通りを尋ねる。よく ‘夏=ホラームービー’という公式を壊したこの作品は肝胆が冷ややかな恐怖でグックガングの寒さを予告した。◆ 帰って来た韓国型ホラームービー ‘余穀性'(feat.ソン・ナウン初主演作)歴代最大恐怖映画で指折り数えられる1986年作 ‘余穀性’が33年ぶりにリメークされて帰って来た。最近映画館通りでは珍しい韓国型ホラームービーで、俳優ソ・ヨンヒ、ガール・グループエイピンクのメンバーソン・ナウンが主演を務めた。’余穀性’は特別な能力を持ったトウモロコシ粉(ソン・ナウンの方)が原因分からない死がつながる一邸宅に偶然に足を入れるようになって、秘密をおさめたシンさん奥さん(ソ・ヨンヒの方)と家の想像することができない冷ややかな真実を向い合う話を盛り込んだ。映画には原作で話題になったミミズ麺、トウモロコシ粉の万(卍)さあ、シンさん奥さんがニワトリ血を飲む場面など場面が出る。ユ・ヨンソン監督は “最大限現代的で感覚的なスタイルで演出しようと努力した”と言った。先立って ‘宮女’ ‘追撃者’ ‘キム・ボクナム殺人事件の顛末’ などを通じて強烈な存在感をあらわしたソ・ヨンヒは ‘余穀性’でも間違いなく強い印象を残す。冷ややかな表情は勿論、時々刻々変わる表情でスクリーンを圧倒する。ソン・ナウンは派手な舞台の上姿と違う姿を見せてくれる予定だ。賎民出身だが士大夫家に入って来るようになったトウモロコシ粉役を務めた彼は “初主演映画を恐怖で選んだことはまた他の私の姿を見せてくれることができるようで新しいようだ”と言った。’余穀性’は11月8日封切りして15才以上観覧可だ。◆ リアル現実恐怖 ‘ドアロック'(feat.自炊生注意) 自炊生にグックガングの恐怖を予告した ‘ドアロック’が12月封切りする。’ドアロック’は開かれているドアロック、見知らぬ人の侵入跡、独身生活をするギョングミン(コン・ヒョジンの方)のワンルームに殺人事件が起こりながら始まる現実恐怖スリラーだ。先立って公開された ‘ドアロック’ 予告篇は多くの人の ‘恐怖’を刺激するのに十分だった。他人の指紋がいっぱい埋めたドアロック、真夜中門をたたく振りの客の訪問、ギョングミンが眠ったの間ベッド下で不慣れな者がギアー出る場面などで映画に対する期待感を高めている。’ドアロック’はスペイン ‘Sleep Tight(スリップタイト)’という原作で始めた。利権監督は “韓国情緒に迎える新しいシナリオを筆を執ろうと悩んだ”とし “コン・ヒョジン俳優とギョングミンのキャラクターを立体的に描き出すために一緒に悩んだ”と言った。今度作品はこの監督とコン・ヒョジンの特別な縁でも関心を集める。1999年映画 ‘女子高怪談二番目話’で映画で初めてデビューしたコン・ヒョジンと演出部でスレートを担当する末っ子この監督が19年後に監督と主演俳優に会った。この監督は “作品を準備しながらコン・ヒョジン以外に他の俳優は浮び上がらなかった。ギョングミンのディテールした感情を演技することができる最高の俳優と思った”とコン・ヒョジンキャスティング理由を明らかにした。コン・ヒョジンも最善をつくして臨んだ。彼はギョングミンの奮闘をいきいきと盛り出すために零下17度の殺人寒さの中で絶えずアクション場面を撮影した。撮影当時寒い気候にカメラが精神位に寒かったが彼は素足闘魂を広げて熱演した。’ドアロック’はコン・ヒョジン外キム・イェウォン、キム・ソンオも出演する。12月封切り。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1737264.htm, 2018/11/05 11:21:25]