新人デークランチ、メンバー・ご両親・ファン向かった手紙②

2jsOHiB_o

新人ボーイグループデークランチ(D-CRUNCH, ヒョンウック弦弧O.V ミンヒョック賢友玄奥チァンヤング政丞ディールと言う(のは))がメンバーお互いに向けた友情を告白した。いっしょにご両親、ファンを向けたありがたい心を伝達して暖かいほほ笑みを催した。デークランチは来月一番目ミニアルバムでカムバックする前に先月16日ソウル麻浦区ソングアムロドペックト社屋でインタビューをした。去る8月6日一番目シングル ‘0806’でデビューしたデークランチはデビュー曲はもちろん追後出る曲までメンバーたちが作曲作詞振付創作などに主導的に参加した。自称 ‘自体製作石’だ。この日インタビューでデークランチ二人のリーダー、二人の末っ子はメンバーたちを代表してお互いに向けた心を表現した。リーダーはヒョンウックとオブ、末っ子は17歳おない年政丞とディルランだ。”お互いに手伝ってくれて、足りない時ひいてくれながら信頼と信頼が生じたんです。お互いに相互作用が上手な点が味方の強点です。理解と思いやりがよくできるようです(笑い).私はこの友達がいなかったらこの席まで来る事ができなかったようです。その間横で手伝ってくれたのが多くてありがたい心が大きいです。信頼と信頼に長続きしてもっと素敵なデークランチになったらと思います。第2の家族です。メンバーたちに愛してありがたいと言いたいです。”(リーダーヒョンウック)”私がリーダーなので他のメンバーたちの不便な点が多かったようです。意見が異なるのにリーダーだから聞き入れる状況があったはずからです。ティー出さなくて決定に対してむだ口なしに移ってくれるメンバーたちにありがとうございました。信じてくれるメンバーたちがいるから決める度に責任感が積まれるんですよ。こんな言葉よくするスタイルではないのに、こんな席が生じたら言いたいことをしてみようと思います。一命じた人が大事です。’メンバーたちがどう思おうか?’をいつも思って、もっと尊重して気配りしようと思います。メンバーたちも私にちびちびもっと信頼を与えるようです。一緒に成して行っていて、あのひとりはできないことです。”(リーダーオブ)”本当にありがたくます。メンバーたちと勤めながら私のまた他の点を見つけたようでたくさん学んでいます。兄さんたちなのに先生みたいです(笑い).こんな良い兄さんたちとチームを組んだという本当にありがたくます。そして兄さんたちがとても楽にさせてくれ。兄さんたちと勤めるからといって大変なのは全然ないです。”(末っ子政丞)”デークランチ九人がもろともにしているようです。各各引き受けた役目をよくしてくれていてありがとう。私が十五歳から兄さんたちと一緒にしているのに本当に兄さんたちが私の人格を創造してくれたんです(笑い).私という人は思いきり幼いだけだったが、今も幼いが兄さんたちが手伝ってくれてたくさん成熟になったようです。ありがとう。私の人生に兄さんたちが現われてくれるからです。兄さんたちと長続きしたいです(笑い).”(末っ子ディールと言う(のは))九メンバーはその間ご両親に話すことができなかった ‘感謝’の心も示した。むかっとする心をぎゅうぎゅう押しながら一言一言に本気を盛ったデークランチだ。”ご両親に本当に感謝します。ご両親が私が歌手を夢見ると言った時積極的に押してくださったんです。いつも元気に幸せに生きます。いつまでもいつまでも。そして私が故郷が蔚山なのに、ソウに来る前にご両親に愛情表現をつけた一番(回)もしなかったです。これからたくさんしますよ。愛しています!”(チァンヤング)”一応歌手という夢を持ってから長くなったが、長年の時間お母さんが黙黙と待ってくださって本当にありがたくます。もっときれいな息子、誇らしい息子になりますよ。もっと努力してたくさん愛しますよ。ママ愛してる。”(玄奥)”短くて太く!これからぜいたくな暮らしをさせて上げるから痛いが巻いてくれ。”(賢友)”私も道なの話さないです。ご両親がいるから私がいます。いつも横にあるから力を出してください!”(ミンヒョック)”ご両親がいるのにデビューすることができました。本当にありがとうございます。”(弦弧)”言いたいことは多いが短く話してください。子役デビューもそうですべてのものをお母さんお陰にできました。多い支援をしてくださって自分の夢を作ってくださって感謝します。私の活動のためにお母さんが遠い地域で引っ越しも来てくれたんですよ。たくさん志願してくださって私が思ってあると申し上げたいです。”(政丞)”ご両親、いつも私の便になってくださって感謝いたします。何だと言えましょうか。いつもありがたくて愛して。これからもっと熱心にしてもっと素敵な息子に生まれかわります。努力しますよ。”(ヒョンウック)”お母さんにいつもありがたいという言えなかったです。それでありがたいというものを言いたいのに、前では恥ずかしくて言葉が出なかったんですよ(笑い).今度インタビューを通じて必ず申し上げたいです。できる言葉がありがたいという話しかなくて申し訳ありません。熱心にして約束したペンションを必ず買って上げますよ!”(ディールと言う(のは))”うちのご両親、末っ子息子後押しするために一生どの旅行も行けなかったです。ご両親に必ず報いたいです。報いるためにこの職業を選択した理由もあります。熱心にするんです。そしていつもご両親が心配しないことのように話すのに心配するのが感じられるんですよ。心配抱かれないです。ご両親仕事やめて休むことができるように熱心にしますよ。ご両親に受けたことすべて返したいです。”(オブ)最後にリーダーヒョンウックはメンバーたちを代表してファンにあいさつした。デークランチは ‘ダイヤモンドクランチ’の略語で、一番堅い物体であるダイヤモンドを壊す位の力強いパフォーマンスと音楽的波及力を持つという抱負が盛られた名前だ。立派なチームワーク、多芸多才な面貌を持ったデークランチ。熱情をつくして大衆に会う準備を終えた人々の歩みに期待が傾く。”これからデークランチのアイデンティティどおり精進します。うちのファン一生見たらと思います。新しく私どもが知るようになる方々は ‘こんなグループがこんなアイデンティティを持って進んでいるね’と良く見てくれたらと思います。無条件熱心に、前だけ見て走ります!”(ヒョンウック)
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1736797.htm, 2018/11/05 05:00:03]