“流布者検挙、待つだけ”…申告その後

jAtOHiB_o

ソルヒョン外にも歌手アイユとシム・ウンジン、グループワーナー院、防弾少年団などがディブペイク犯罪で流布者を告訴しました。多いスターたちが被害者になって法的な手続きを踏んだが、流布者の処罰された場合は指折り数えにくい位に少ないです。届けたという消息はあるが、加害者が処罰されたという消息はどうして見つけにくいでしょうか?現在、ディブペイクなどを活用したこのような合成写真・動画流布と係わった処罰は綿棍棒水準です。合成写真や映像を商業的目的に製作して流布する行為は情報通信網利用促進及び情報保護などに関する法律70条(サイバー名誉毀損)や刑法第244条(陰画製造など) 違反などで処罰されます。しかし当事者の被害位より共益毀損に焦点が合わせられたせいに流布者は大部分罰金刑に止めたり軽い懲役刑を受ける場合が大部分です。何より惜しい点は当事者が直接名誉毀損などの申告受付をしなければならないから本人が映像の存在可否が分からない場合持続的に被害に露出する可能性も大きいというのです。これと関して放送通信審議委員会関係者は “もし写真が顔は露出したが身体一部分が選り分けられていれば淫乱物だと規定されなくて当事者が直接名誉毀損を申し込まなければならない”と言いました。加害者検挙が難しいということもディブペイクポルノ流布者を処罰しにくい理由です。ディブペイクポルノは海外サイトを中心に活性化になる成り行きです。一方捜査過程で国際的な共助が円滑に行われる事例は極めて珍しいです。国際共助を要請すると言っても長年の時間を待たなければならないし最悪の場合協助を拒否された場合これを強制する法令が今としてはないからです。ガール・グループAOAのメンバーソルヒョンはディブペイクムルの被害者中一人です。速かに事件を警察に届けて刑事告訴も終えたが、8ヶ月が経った今まだ加害者の輪郭さえ現われなかったです。ソルヒョンの所属社FNCエンターテイメント関係者は “ソルヒョンが直接管理するインスタグラムアカウントに数順番にわたって成績羞恥心と嫌悪感を起こすメッセージと映像を送った男性を去る4月刑事告訴してその前に組写真製作及び流布した人も去る3月に告訴を進行した”と説明します。また捜査進行状況に対しては “インスタグラムアカウントと係わった被害は最近犯人を捕まえて懲役6月、執行猶予2年の判決を受けたが、合成映像と写真を流布した人は相変らず捜査の中だ。警察の裁判所の連絡を待っている状況だ”と伝えました。関係者は “捜査中の事件だから具体的に言うこと控え目な部分がある”とし “警察が捜査をする過程が易しくなくて犯人を捕まえることも時間が長くかかるようだ。捜査を進行するためには外国サイトに協助を要請するのに外国サイトの場合には協助をよくしない”とその理由を説明しました。青瓦台ホームページには最近 ‘ディブペイク合成ポルノ処罰がほしいです’は国民請願が上って来たりしました。これ以上ディブペイク犯罪が芸能人だけあう事件ではないということを端的に証明しています。請願文を載せたネチズンは “最近ディブペイク技術を適用して有名芸能人の顔を合成した淫乱物が流布している。過去にも有名人と淫乱物を合成した写真が不法大人サイトに載せられた事例があるがディブペイク技術の場合原本映像と区別が大変な位に発展したということが特徴だ。ディブペイクポルノ製作及び流布者処罰のための対策用意が至急だ”と主張します。それでも幸いであることは最近我が社会がサイバー性暴行とディブペイクポルノに対する深刻性を認知して変化の動きを見せているという点です。去年性暴行犯罪の処罰などに関する特例法改正案を発議したユ・スンヒドブルオミンズだ議員ももっと力強い法的装置が必要だと指摘したことがあるんですよ。ユ議員は “AI技術は各種分野に活用されて私たち生の質を高めるのに活用されたりするが、このように犯罪の手段で使われる恐れがあってもろ刃の剣のようだ”とし “関連法制も改善及び社会認識改善が速く成り立たなければならない”と言いました。また “科学技術部が現在2020年商用化を目標で不法映像物遮断技術を開発の中にあるが、皮肉としか言いようがなくもAI(人工知能)を活用したこの作業に速度を出す必要がある”高度強調しました。イ・オンジュバルンミレだ議員も “このような淫乱映像の場合被害の程度が莫大で回復の不可能な場合が多い。どう見れば無分別に人格を抹殺する行為だと力強い法的措置が必要だ”と主張しました。この議員は “外国サイトに掲示された動画は追跡して処罰の難しい場合が多いから法的措置で一歩進んで政府が国際共助を推進しなければならない”と声を高めました。ディブペイク犯罪。顔ない加害者を検挙して処罰するのは易しくないことで多い時間と精神力を消耗しなければならない仕事なことが明らかです。それでも第2, 第3の被害を防ぐためには積極的な新高価必要です。警察関係者は “ディブペイク犯罪の被害者になった場合、恥かしさと第2次流布の被害を心配して届けない被害者が大部分だ。しかし時間が長くかかっても早い軽く思わなかったら犯人検挙はいくらでも可能だ”と言います。また “被害を被ったらためらわずにサイバー捜査隊に届けるのを勧める”高度付け加えました。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1737129.htm, 2018/11/05 05:00:04]