‘インドネシア抑留’ イ・ジョンソク、所属社公式立場修正(専門)

nM6rPiB_o

俳優イ・ジョンソク所属社が今度インドネシア抑留事件と係わってもう一度力強い法的対応を予告しながら修正された公式立場を配布した。前より強硬な口調でファンミーティングを主管したエーシェンシーと所属社の間の関係に線を引いて今度論難の責任を問うという立場を確かにしたこと。下はエイメンプロジェクトの公式立場修正専門だ。こんにちは。エイメンプロジェクトです。去る5日インドネシア現地媒体を通じて知られた当社所属イ・ジョンソク俳優の出国措置に対するエイメンプロジェクトの公式立場(入場)を伝達させていただきます。イ・ジョンソク俳優のジャカルタファンミーティングビザ未発級事態と係わって申し上げます。当社は今度ファンミーティングが進行された去る3日に先立って、エージェントであるユメトモとドクリエイティブラップ関係者を通じて現地プローモーターであるイエス24街イ・ジョンソク外合計11人スタッフの公演ビザ発給を完了したという進行事項を確認しました。これによって2日ジャカルタに入国した12人は3日午後6時30分ファンミーティング公演を予定通り進行したことがあります。しかし、出国を控えた4日午後8時頃ジャカルタ空港で出国者全員のヨグォンルル所持していたイエス24 インドネシア法人長の行方をわからないという消息を接しました。以後当社は5日午前2時30分頃連絡が触れた法人長を通じてチケット販売量抜け落ち申告によってインドネシア現地税務政府が出国者全員のパスポートを差し押えしたし、これを解決するために罰金を納めるはずだという状況を伝えられました。これによってイ・ジョンソク俳優及びスタッフ全員はこの事態が早速で仕上げされるのを待って多方面で解決方案を講ずる中、株インドネシア大使館を通じてビザ発給に問題が発生イ・ミングクに出国停止措置が取られていることを確認するようになりました。該当の時点までイエス24 側はイ・ジョンソク俳優とエイメンプロジェクトに嘘に一貫して金銭的精神的に深刻な被害を被らせました。エイメンプロジェクトは法律代理を務めている法務法人栗村を通じてプローモーターであるイエス24を含めた二エージェント社を対象にした法的対応を検討しています。また今後のこの事態と係わった推測性文を通じて当社アーティストの名誉が毀損される状況を座視しない予定です。もう一度今度出国措置と係わってイ・ジョンソク俳優及びエイメンプロジェクトには鬼責事由がないことをお知らせいたして今後のこれと類似の状況でこれ以上の韓国アーティストが被害受けることがないように最善をつくして仕上げることをお知らせいたします。ありがとうございます。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1737411.htm, 2018/11/06 12:23:12]