イ・ジョンソク、抑留されてから二日ぶりに帰国…”法的対応取りかかること”(専門)

iHiCOiB_o

インドネシアに抑留の中だった俳優イ・ジョンソクが帰国の道に上がった。抑留されてから二日ぶりだ。所属社は今度事態をもたらした企画社と現地プローモーターに対して法的対応に取りかかるという立場を明らかにした。俳優イ・ジョンソクの所属社エイメンプロジェクトは6日このように明らかにしてイ・ジョンソクがインドネシアファンミーティング直後企画社と現地プローモーターYes24の業務処理のため帰国日程が遅延されたと伝えた。関係者は “俳優も自分の身近よりドラマ撮影日程に差し支えが生じたらどうするが心配しながら心を労し気を砕いた”とし “インドネシア大使館の助けに無事に出国したし航空便で帰国の中だ”と言った。また今度事態が起った理由に対して “初めにはYes24 現地代表が何らの理由のなく俳優とスタッフのパスポートを持って隠れたと聞いた”とし “何時間が経つとYes24街税金を納めなくて現地代表がインドネシア税務政府に抑留されてその過程で現地代表が所持していた俳優とスタッフのパスポートまでのように押収されたと説明が変わった。そしてまた何時間が経ったら現地マスコミでYes24街間違いで短期就職許可を申し込まなくてビザ問題まで発生したことだという報道が出た”と付け加えた。所属社は抑留事態をもたらした企画社と現地プローモーターに対して法的対応するとも伝えた。先立ってイ・ジョンソクは去る2日ファンミーティングのためにインドネシアジャカルタに向けた。翌日ファンミーティングを進行して4日帰国する予定だったが抑留された。ここにイ・ジョンソクは5日自分のSNSに “ファンミーティングはよく終えたがジャカルタにすべてのスタッフと足が縛られた状況だ。昨日から抑留されているようだ”と息苦しさを訴えたところある。下はイ・ジョンソクの所属社エイメンプロジェクト立場(入場)専門だ。こんにちは。エイメンプロジェクト(A-man project)です。当社俳優イ・ジョンソクがインドネシアファンミーティング直後企画社と現地プローモーターYes 24の業務処理のため帰国日程が遅延されて多くの方々に心配をかけました。こんな場合は初めてだから当社も大変荒てました。俳優も自分の身近よりもしドラマ撮影日程に差し支えが生じたらどうするが心配して労心焦思ずっと心を気遣いました。幸いにインドネシア大使館の助けに無事に出国することができるようになって俳優は今航空便で帰国の中です。こんな事態の発生した原因は今当社でもずっと調べているが、企画社とYes 24の説明がずっと変わっています。初めにはYes 24 現地代表が何らの理由のなく俳優とスタップのパスポートを持って隠れたと聞きました。何時間が経つとYes 24街税金を納めなくて現地代表がインドネシア税務政府に抑留されてその過程で現地代表が所持していた俳優とスタップのパスポートまで一緒に押収されたと説明が変わりました。そしてまた何時間が経ったら現地マスコミでYes 24街間違いで短期就職許可を申し込まなくてビザ問題まで発生したことだという報道が出ました。一つ一つが皆ものすごい話だけだからこれから何の説明と言い訳がもっと出るかも知れないです。今度事態をもたらした企画社や現地プローモーターに対して当社は法務法人栗村(担当弁護士アンゾングヒェ)を通じてきっぱりと法的な対応をする計画であり、今後の具体的な対応策は皆法務法人を通じて進行する予定です。当社と学ぶ現地ファンが見せてくれた愛情と声援だけ抱いて行きます。今度一路心配をおかけしたドラマ製作社及びすべての関係者と国民皆さんには申し訳ないというお話をもう一度伝えて、当社と学ぶ俳優に見せてあげた関心と愛情にもっとまじめな活動で報います。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1737377.htm, 2018/11/06 08:58:36]