クロスィ ‘wonderlost’, 感覚的なアナログへの招待

R39ENiB_o

音源強者はライブ舞台でもっと光を発揮した。音楽ファンから愛されるシンガーソングライタークロスィがまるで現代芸術展示会を連想するようにする感覚的な舞台で晩秋感性を高めた。クロスィは3日午後6時ソウル松坡区オリンピック路オリンピック公園オリンピックホールで単独コンサート ‘2018 クロスィ全油ツアー ‘ワンダーロースト'(2018 CRUSH ON YOU TOUR ‘wonderlost’)’を開催した。今度コンサートは翌日まで二日間進行された。心臓搏動音が公演場に大きく響いて公演の幕が上がった。4000席をいっぱい埋めた観客たちは手に青色夜光峰を持って嬉しい歓呼を上げた。クロスィの約2年ぶりの単独コンサートでもあるが去年から一緒にしている8人組みバンドワンダーラストと初コンサートでもある。クロスィは柔らかい音色が目立つ自分の名曲を雄大壮厳で派手に編曲してバンドワンダーラストとオリンピックホールをいっぱい満たした。今度コンサートで曲、舞台だけではなく盛りだくさんの映像、音響、照明などで ‘忘れてしまったことを尋ねる’と言う主題を細心に描き出したクロスィだ。彼は “今度コンサートを通じて忘れてしまったすごいものなどに関する話をしたかった”と “私たちは住みながら易しく忘れてしまうのが多い。重要なことは過ぎ去った時間だと思う。誰かは古いことを田舎臭いと心に刻んでおくことができるのに私は今度コンサートでアナログ感性を共有したい。私の話を通じて忘れてしまった感性を尋ねたら良いだろう”とコンサートのコンセプトを説明した。照明を消してシルエットで ‘ヘイベビー(Hey baby)’を熱唱して甘美に初曲をプレゼントした。九曲を歌って初メントを一クロスィは観客たちに一斉に携帯電話照明をつけるように頼んで星明かりのような背景を作った。クロスィは移動舞台で観客たちに身近に近付いて幻想的な ‘ビュティプル(Beautifrul)’と ‘たまに’ 舞台を完成した。引き継いで ‘2411’ ‘優雅なの’ ‘オアシス(Oasis)’ ‘スキップ(Skip)’ ‘アウトサイド(Outside)’ など、そしてアンコール曲 ‘内篇がドエズォ’ ‘忘れるな’までクロスィの代表曲たちが開かれて皆27舞台が観客に会った。特に今度コンサートでは先月17日発表された新曲 ‘お前は(none)’ 舞台が初めて公開された。白い遷移垂れ下げ、別離後愛する人をしのびながらこれを耐える心を盛った ‘お前は’の家事、雰囲気と似合う映像が千上に素敵に描かれた。まるでクロスィが水に浸るような映像効果で家事の詰ったような感情を倍加させた。公演重厚返附には ‘料(RYO)’ フィーチャリングのためにシピカとビョングオンが登場して舞台を一緒に構えた。またシックケイが ‘塗り(Chill)’と ‘パーティー(Party)’ 舞台に一緒に上がってゲストとして ‘リングリング(Ring Ring)’ 舞台も広げた。二番目日にはジーコペノーメコなどが支援射撃に出た。クロスィは来る21日からトロントを始まりに、ニューヨークダラスシカゴLA(ロサンゼルス) サンホセシアトルなど米洲ツアーを引き続く。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1737184.htm, 2018/11/06 05:00:02]