‘セクハラ自ら告白’ チェ・イルファ、映画 ‘また’ 下車

TkBKRiB_o

セクハラ事実を自ら告白した俳優チェ・イルファ(59)が出演することにした映画 ‘最後の宿題’から下車した。復讐の映画関係者は6日にチェ・イルファがキム・ヒチャン監督がメガホンを取った ‘最後の宿題’で下車したと明らかにした。チェ・イルファは最初 ‘最後の宿題’に教師とご両親の間に葛藤を調律する校監先生役を務めたが、結局セクハラ事実を告白した後論難が大きくなると下車を決めた。先立ってチェ・イルファは去る2月 ‘ミトキャンペーン'(私も被害者、me too)が活発になるとセクハラと係わって自ら告白した。当時彼は “俳優の一人でセクハラ事件で自由ではない。当時にはそれが過ちかも知れなかったし軽く考えた。私の無知と認識を痛烈に反省する。これから自粛と反省の時間を持つ”と言ったことがある。以後彼はキム・ヨンファ監督の ‘神さまとともに2’, イ・ジョンソク監督の ‘交渉’で相次いで下車した。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1737477.htm, 2018/11/06 21:47:45]