トゥワイス、これでトドングがトドングがするようです

6t5ENiB_o

のべつ幕無しに取材陣のカメラフラッシュが点く。そして果汁も裂ける。人かレモンだろう。男記者たちはしばらく本分を忘れて呆然と正面を見つめる。なぜなのと?9名義 ‘トドングが’ トゥワイス(ナヨン、整然、某某、生きるが、至孝、押すが、ダヒョン、チェヤング、ツウィ)が六番目ミニアルバム ‘YES or YES'(イエスオアイエス)で爽やかはつらつと帰って来たからだ。5日午後4時ソウル江西区KBS アリーナホールではガール・グループトゥワイスの六番目ミニアルバム ‘YES or YES’ ショーケースが進行された。去る4月ミニ5集 ‘What is Love?'(ワッ伊豆ラブ?)と去る7月スペシャルアルバム ‘Summer Nights'(サマーナイツ)に引き継いだ三番目カムバックだ。日本正規活動を仕上げてまた韓国にカムバックしたメンバーたちはいつもそのように活気に満ちてさわやかな表情であいさつを渡した。特に見ても見てもあきれないトゥワイスの可愛らしい舞台はどうして彼らが ‘トドングが’と呼ばれるのか分かるようにする。’トドングが’はトゥワイスとサラングドングイを合した言葉。ファンがトゥワイスを呼ぶ代表的な愛称だ。デビュー超から可愛い振付、盛りだくさんの表情、愛嬌ある言いぐさなどで可愛らしい魅力を発散したトゥワイスだ。そのためか ‘トドングが’という愛称はこれからトゥワイスを呼ぶ第2の名前みたいに自然だ。この日ショーケースでもそうだった。今度アルバム収録曲とタイトル曲それぞれ二つの舞台を構えたトゥワイスは特有の溌剌とする魅力で ‘残り’と ‘女心’ 皆を一気に捕らえた。JYP 首長と同時にトゥワイスの首長であるパク・ジンヨンが作詞、作曲した ‘BDZ’で初舞台を構えたトゥワイス。目ぼしい身振りと澄ます表情をきれいに和えてパク・ジンヨンプロデューサーの ‘ソウル’を器用に表現した。可愛さと成熟な姿が奥妙にまじてみる味と聞く味が適切に一団となったトゥワイスの舞台に現場にいた彼らが皆かたずをのんだ。つながった舞台はタイトル曲 ‘YES or YES’.メンバー9人の魅力がもっと鮮かに現われる振付とメロディーが印象的だった。トゥワイスの告白に汚職 ‘イエス’という答しかないという内容を記した家事はにっこりと笑いを催すようにした。また伝統的なシンセポップ、レゲエ、アリーナポップが加味されたメロディーは自然に楽しみがわく雰囲気を造成した。メンバーたちの活気に満ちたエネルギーがもっと強調された曲だった。整然、整然、某某、生きるが、至孝、押すが、ダヒョン、チェヤング、ツウィ9人のメンバーたちは盛りだくさんの個性を威張って自分たちが提示した選択に ‘イエス’を要求して力強い魅力を見せてくれるパートが特に印象的だった。1時間余りなショーケースの間 ‘トドングが’聞いた活気に満ちたエネルギーと明るいほほ笑みを失わなかった。11月気候は肌寒くて初冬が来たことを知らせていたが、’トドングが’の明るいエネルギーと熱情的な舞台マナーに現場はほかほか盛り上がった。今年でデビュー3周年になったトゥワイス。ショーケースを終えたメンバーたちは大変な気配なしににこりと笑ってさっそうとこれからの抱負を伝えた。”3周年をファンと祝いながら多い気がしました。3年の間韓国で10個の歌で活動したと言うのが信じられないです。3年を過ぎて30年まで、もう長く、もっと長く歌手をしながら楽しみたいです!”
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1737342.htm, 2018/11/06 05:00:09]