パン・ミンジョン “映画界性暴行…反省・変化するべき” 訴え(専門)

JI5xQiB_o

俳優パン・ミンジョン(38)が強制醜行疑いに対して最終有罪判決を受けたチョ・トクジェ(50) 事件、一名 ‘男俳優A 性暴行事件’に対する立場を明らかにして、映画界の自省を促して目頭を赤くした。パン・ミンジョンは6日午前ソウル麻浦区ワールドカップ北路2尋青年文化空間JU東橋洞バシルリオホルで進行された ‘より良い映画現場のために映画界の変化が必要だ :撮影過程で発生する性暴行事件を中心に’ 記者会見に参加した。この日パン・ミンジョンは “性暴行事件被害者利己よりは映画界一員で発言しようとする”と “撮影現場で性暴行事件が発生すると彼らはその事実を隠蔽するのに忙しかったし被害者である私を圧迫して撮影日程も変えたり知らせてくれなくて持続的な苦痛を抱かれた”と吐露した。引き継いで “映画界内部で反省をして変化を始めなければならない”と強調して “被害者にも口舌に上がったという理由を聞いて私のキャスティングを避けるという話をたくさん聞いた。率直に延期を加えることができるかも知れない。学ぶ ‘道具’ではなく ‘人間’であり現代社会構成員だ。それで司法システムを通じて問題を解決しようと努力して結果を引っ張り出した。それなのに私は私の席で押し寄せている”と訴えた。最後にパン・ミンジョンは “この席に出るまで多い悩みをした”と “絶望よりは未来の希望が見たい。変化のために努力する人々がいることを知らせたい。たくさんくたびれて本当に手に余る。私がどうして争うのか、どうして身の上を公開しながら発言するのか、なにとも映画界で実質的な権力を持って責任を負わなければならない人々がちょっと認めたらと思う”と声を高めた。この日記者会見は女性映画鱗毛、全国性暴力相談所協議会、全国映画産業労動組合、チックヌンペミ、韓国自主映画協会、韓国女性民友会女性芸能人人権支援センターなどで構成された ‘男俳優A 性暴行事件共同対策委員会’が主催した。去る9月最高裁判所が映画撮影過程で発生したチョ・トクジェの強制醜行疑いに対する有罪を定めたことに対して判決が持つ意義と以後映画現場で事件再発を防ぐための代案を分ける席で立てられた。次はパン・ミンジョンイブザングムン専門だ。こんにちは、パン・ミンジョンです。今日私はこの席で性暴行事件の被害者利己よりは、映画界の一員で発言しようとします。個人で映画界の変化を要求することはこの席が終わりになるようです。あまりくたびれ、これからは手に余ります。満4年の間私は私の社間が個人の性暴行事件で、ゴシップ距離(通り)の一種で、人々の口に上る忘れないように努力しました。‘共同対策委員会’の連帯をもとに私の事件が映画界の誤った慣行を直すきっかけになるように、それで職場で私のように性暴行にあう人々がもっと出ないように願ってて私の身の上を公開して発言したりしました。現在映画界内部で省か感受性を育てるための各種教育とプログラムが作られて、契約書作成時露出、暴力などに対する言及を明示するなど変化の動きがあるという話を聞きました。関連法案が発議されたり、マニュアルなどが作られたという話も聞きました。そんな変化が、たとえ大きくはないとしても、あるというのが非常に嬉しくて幸いだと思っています。その間相手俳優の ‘直接的な性暴行’に対して法的対応をするために他の言及はなるべく避けて来ました。私はその間加害者が自分の性暴行事件に活用しようとする目的にイ・ジェポなど知人たちまで動員して作った ‘にせ物ニュース’を直す法的けんかまでするために満身創痍になり、力もすべて抜けました。それでその以外の仕事に対してはものを言わないようとしました。しかし今日この席でその一部を言おうと思います。2015年4月、事件があった以後、現場で事件に対する処理がまともにできたら私は敢えて法的対応をしなかったかも知れないです。私はあの時信じました。事件直後加害者と三者対面をさせて、加害者をすぐ下車させたし、私の話を聞き入れた監督を信じました。そして、初めて専属契約を結んだ所属社代表を信じました。映画スタッフと映画製作社を信じました。ところでその信頼は以後粉微塵が出ました。撮影現場で性暴行事件が発生すると彼らはその事実を隠蔽するのに忙しかったし、被害者である私を圧迫し、撮影日程も変えたり知らせてくれなくて持続的な苦痛を抱かれました。それでも私は当時には彼らを信じ、女性主演だったから最後まで撮影を終えなければならないと思ってその身と精神で撮影を強行しました。そうしてもっと耐えることができなくて警察に届けました。裁判が進行されながらも私は映画撮影当時私がどんな危険に露出していたのか分からなかったです。1審で無罪宣告が私は後、抗訴審を準備しながら受けるようになった資料を見て私は大きい衝撃を受けました。私は私に直接渉外電話をした映画総括PDから露出がないということを確認し、当時所属社代表にもこの部分を強調して所属社代表と総括PDの契約締結後 ‘露出はない’という確認文字まで受けたりしました。私はその映画がドラマジャンルの映画で身体露出がないと分かって契約をしたし撮影に臨みました。ところで法廷に提出された映画製作社代表の録取録で ‘現場でむけば良い’というふうの話が行き交ったということを聞いて信じることができなかったです。さらにその席には当時私の所属社代表もいたと言います。厳然に契約書を書いて、露出可否まで検討したし、所属社まであった主演俳優である、演技経歴が古い私も、’現場’で私の意思や契約内容とは構わずに露出を強要受けることができたはずです。今現実は性暴行犯罪で有罪確定判決を受けた者がその後にも被害者である私と、映画界自体を責めている状況でもこれに対して責任を問ったり制止しようとする動きが全然ないことが本当に大きい問題ではないか思われます。これから映画界が出て変わって争わなければなりません。無名俳優ではありますが、それでもある映画の主演を務めて契約書まで書いたし、所属社まで存在した私も映画撮影現場で性暴行被害を被りました。そして事件以後 ‘現場’の特殊性を強調しながら成り立った幾多の人権侵害と性暴行に対しても分かるようになりました。しかしかなり多い数被害者は自分の被害をあらわすことさえ恐ろしがっています。私のように言う被害者たちがどうなるのか目撃したからです。今、監督の責任話して加害者に対する同情と擁護をする時間に、映画界内部で反省をして変化を始めなければなりません。一抹の希望をおかないように労力しています。若い映画人たちが被害者である私と連帯したし、小さな変化だが映画界を変えるために努力していることをよく分かっています。それでもっと映画界で現在実質的な権力を持っている人々の沈黙と傍観が惜しいしかないです。私は俳優です。もちろんもうこの言葉を過去型にしなければならないこともできます。被害者にも口舌に上がったという理由を聞いて私のキャスティングを避けるという話をたくさん聞きました。それで率直に延期を加えることができるかも知れないです。学ぶ ‘道具’ではなく ‘人間’であり、私はシステムに帰る現代社会構成員です。それで性暴行被害を被った時司法システムを通じて問題を解決しようと努力し、その結果を引っ張り出しました。それなのに私は私の席で押し寄せています。個人が何を加えることができましょうか。何をもっとしなければならないでしょうか。それでも私の事件と係わって映画界に言いたいところがあってこの席に出ました。身体露出、暴力など敏感な場面が入って行く映画の場合俳優に前もってその内容を説明した後契約書に反映して、’現場’を言い訳に恣行された人権侵害及び性暴行に対して映画界内部で被害者救済と加害者懲戒、責任者の責任範囲拡大など変化のための努力をしなければならないでしょう。演技者やはり相手俳優と演技に対する事前合意をしなければならないし、’延期・アドリブ’を言い訳で相手俳優に苦痛を与える行為をしてはいけなだろう。それは俳優の基本です。映画界内部の大人誌感受性を向上するために教育も長続かなければならないだろうし、被害を被った後法的手続きを踏む被害者のために支援と連帯も大事にしてはいけないでしょう。この席に出るまで多い悩みをしました。私の事件の処理だけでも大変な状況で私を背ける映画界のために私がどんなものを言ったところで変化につながることができるかという懐疑感も率直にありました。それでも私は絶望よりは未来の希望が見たいです。変化のために努力する人々がいることを知らせたいです。たくさんくたびれて本当に手に余ります。私がどうして争うのか、どうして身の上を公開しながら発言するのか、なにとも映画界で実質的な権力を持って責任を負わなければならない人々がちょっと認めたらと思います。映画界内部で先に変わらなければなりません。それでこそ大衆も変わります。労働圏・人権侵害と性暴行被害を背ける場合映画界の発展は期待しにくいだろう。被害者の叫ぶにこれから返事をください。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1737450.htm, 2018/11/06 16:53:39]