故 チョ・ミンギ妻、SNSに “夫誕生日祝い” →削除…ネチズン “また?”

M9OnQiB_o

そのチョ・ミンギ妻がチョ・ミンギを追慕する文で非難を浴びた後また同じな論難に巻き込まれた。そのチョ・ミンギ妻キムさんは6日インスタグラムに写真一枚とチョ・ミンギの53番目誕生日を祝う文を書いた。写真にはソウル追慕公園に用意されたチョ・ミンギの畝に調った誕生日上が盛られている。草家一つささっている誕生日ケーキ一つ、コーヒー一杯、タバコ一箱、洋酒ある本が写した写真とともにキムさんは “お誕生日おめてとうございます。あなたの誕生日をおめでとうございます”という文を書いた。しかし以後彼はネチズンたちの冷ややかな反応がつながると文を削除し、それでも続く非難世論に結局インスタグラムアカウントを非公開で切り替えた。先立ってキムさんは去る9月19日インスタグラムにチョ・ミンギの墓地写真とともに “楽だったら良いだろう。..あなたも私もその誰かも。..#安らかさ #懐かしい。.. #報告派です”という文を掲示したことがある。写真の中には松、碑石と申し立て、白色花とコーヒーそしてそのチョ・ミンギの墓に推定される畝がある。尚早な追慕文に当時ネチズンの反応は好意的ではなかった。彼の繰り返される行動に非難の殺到する理由はそのチョ・ミンギが生前解くことができなかった ‘セクハラ疑惑’という疑いのためだ。そのチョ・ミンギは去る2月20日清州大学校演劇学と学生たちを多数セクハラしたという論難に巻き込まれたことがある。彼は自分の疑いを否認して公式誤り立場を明らかにして自粛の時間を明らかにしたが警察の調査を控えて去る3月9日自宅で死んだまま発見された。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1737438.htm, 2018/11/06 16:11:14]