“映画界棟梁が落ちる”…故 シン・ソンイル告別式厳守(映像)

jfp7PiB_o

“愛しています。ありがとうございます。尊敬します。歳月がたつほど懐かしくなるはずです。”- 故 シン・ソンイル追慕映像 中韓国映画界の大きい星が落ちた。各々なつかしき心、尊敬の心、ありがたい心など各自の意味を抱いて故人の最後の道を見送った。学んでシン・ソンイルの告別式が厳守された。6日午前10時ソウル松坡区ソウル峨山病院葬儀場で故シン・ソンイル告別式が進行された。故人は永訣、出棺式後ソウル追慕公園に移して火葬されて、以後葬地である慶北霊泉ションヨンで移される。早い朝から葬儀場の前は取材陣でにぎやかだった。一般市民たちも厳粛な雰囲気と故人を思い出す惜しい心に楽な足ではないように葬儀場の前をうろうろした。告別式手始め30分前頃から遺族、映画界先後輩を含めて知人たち、故人ファンなど追慕客たちの足がだんだん多くなった。俳優シン・ヨンギュンイ・ドクファドクゴ・ヨンゼェキム・ヒョンイル、キム・ドンホ展釜山国際映画祭理事長、李長燕監督、オ・ソグン映画振興委員長などの顔が見えた。手始め約15分前には未亡人オム・エンランが家族たちの助けを受けて姿をあらわした。骨切ってほほ笑みをたたえていたが目もとに立ちこめた悲しみは選り分けることができなかった。200余人追慕客が告別式場の中にいっぱい立ち入り、故人が生前篤い仏教信者だった位仏式で敬虔に告別式が始まった。社会は俳優ドクゴ・ヨンゼェが担当した。影幀立場(入場), 運柩、黙念、故人略歴報告、追慕映像上映、調査、追悼辞、焚香及び献花、遺族あいさつなどの手順に挙行されて故人を称えた。故人を思い出す追慕映像は “愛しています。ありがとうございます。尊敬します。歳月がたつほど懐かしくなるはずです”という文が字幕に出て仕上げされた。追慕客たちは字幕の内容に十分納得するように首をうなずいて映像を眺めた。そして地上学葬礼委員長の調査とオ・ソグン映画振興委員長の追悼辞がつながった。告別式末尾前に出たオム・エンランは “早い朝から告別式のために来てくれて感謝する。(故人) 写真を見たら彼も老け終わっても老けたよ”とあいさつの運をテッダ。彼は明るい声で “する泣きながら彼を送りたくはない。誰が私に ‘どうして泣かないか’と聞いていたよ。泣けば亡者が歩くことを集める事ができないそうだ。この世の中に心が痛くて。それで泣かない”とし “家に行って夜12時に火を消して布団で思う存分泣こうとする”と涙流さない理由を説明した。引き続き愉快な徳談であいさつを仕上げた。オム・エンランは “その間喜怒哀楽も多いが、うちの二人はめちゃくちゃで暮した。故人が生まれ変わってまた一緒に暮したらあの時は天女のように敬いながら暮したい心だ。もう焚く遅れた。皆さんが大臣奥さんたちに上手だから。上手ならば福が来る”と言って場内にほほ笑みを抱かれた。故人は去年6月肺癌3期判定を受けた後全羅南道順天某療養院で治療を受けた。肺癌闘病あげく4日午前2時25分世を去った。葬礼は映画印章(三日葬)で行われた中に俳優アン・ソンギと韓国映画人総連合会地上学会長が共同葬礼委員長を、俳優カン・スヨン巨竜ソン・ガンホイ・ドクファチャン・ミヒチェ・ミンシクが副委員長を務めた。韓国映画界代表俳優に数えられて、1960~1980年代を風味した故人だ。1960年シン・サンオク監督映画 ‘ロマンスバイバイ’でデビューしたし、以後 ‘素足の青春’ ‘星の故郷’ など約500余伸ばした作品に出演した。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1737401.htm, 2018/11/06 15:04:43]