“海外でとばっちり” イ・ジョンソク・斧、抑留・盗難にあった事情は?

sZj0OiB_o

俳優イ・ジョンソクとラッパー斧が海外に滞留した途中だしぬけな抑留と盗難にあうなど被害を被った。イ・ジョンソクは去る2日インドネシアジャカルタにファンミーティングを行ったり抑留された。現地プローモーターYes24の業務処理のため被害を受けるようになった。イ・ジョンソクの所属社エイメンプロジェクトは現地プローモーターに法廷対応をすると明らかにした。エイメンプロジェクトは6日 “初めにはYes24 現地代表が何らの理由のなく俳優とスタッフのパスポートを持って隠れたと聞いた”とし “Yes24街税金を出さなくて現地代表がインドネシア税務政府に抑留されてその過程で現地代表が所持していた俳優とスタッフのパスポートまで一緒に押収されたと説明が変わった”と説明した。引き継いで “また何時間が経ったら現地マスコミでYes24街間違いで短期就職許可を申し込まなくてビザ問題まで発生したことだという報道が出た”と言った。イ・ジョンソクはジャカルタに抑留されながらドラマ ‘ロマンスは別冊付録’ 撮影日程にも差し支えが生じた。所属社側は “(イ・ジョンソクが) 俳優としてドラマ撮影現場に問題を作ったということに非常に申し訳なく思っている”と言った。斧はアメリカLA コリアンタウンで個人的なものを盗まれた。彼は5日自分のインスタグラムに “昨日夕方7時から7時半の間LA コリアンタウン一ソルロンタン駐車場で車強盗犯たちが車硝子を割って私のバックパックとマネージャーバックパックを盗んだ”と言う文を書いた。引き継いで “その中には私のネックレス、時計とカメラ、携帯電話2個、パスポートなどがあった”とし “ジインブンドルはしばらく連絡にならないことがある”と状況を説明した。斧は現地捜査に対して “警察に届けたが、LAではあんまりよくあることだから警察、セキュリティもかばんを車に差し置いたうちの過ちだと言った”と “取る可能性もない”と言った。現地警察たちも手を打つことができない状況で斧はぼうっとしているしかなくなった。彼のインスタグラムには仲間たちとファンが切なさを示して現地警察の態度に怒った。このように国内スターたちの海外活動が増えながら意図しない事故にあう事も増加している。ある芸能界関係者は “活発な海外活動にはあれほどの危険負担もよる”とし “問題発生時、迅速な処理と法的手続きを踏むことに限界がある。多くの国と協力が必要そうだ”と言った。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1737386.htm, 2018/11/06 10:33:39]