‘YG 新しい家族’ キョン・スジン、分かってみれば…’リットルソン・イェジン’

c8vrMiB_o

俳優キョン・スジンがYGエンターテイメントと専属契約を締結した中に彼のフィルモグラフィーに関心が集中されている。YGエンターテイメントは5日公式報道資料でキョン・スジン迎入消息を知らせた。YGと専属契約を締結したキョン・スジンは去る2012年演技者の道に立ち入った学ぶ。所属社移籍消息とともにその間キョン・スジンの俳優履歴が話題になっている。キョン・スジンは去る2012年KBS ドラマ ‘赤道儀男’でデビューした。この時から ‘ソン・イェジン似た形’で注目を引き始めた彼は2013年KBS ドラマ ‘鮫’でソン・イェジンの小さい頃を演技した。彼はまた2013年朝ドラマ ‘ウンフィ’の女主人公でその年KBS 演技大賞新人賞を受けた。翌年には第22回大韓民国文化芸能対象ドラマ部門で新人賞を取って可能性を立証した。以後 ‘密会’ ‘仏法僧の家’ ‘重量挙げ妖精キム伏奏’ ‘メローホーリック’ ‘アンタッチャブル’ などブラウン管を縦横無尽してテレビ劇場視聴者に確かめた。彼のフィルモグラフィーはドラマに限定されない。キョン・スジンは2012年映画 ‘男使用説明で’で助演キム・ミラ役を始まりにスクリーンでもよく姿を見せた。’恐ろしい話3’ ‘王様の事件手帳’ ‘消えた夜’に出演して活発な活動でがっちりしているフィルモグラフィーを押し堅めて来た。YGエンターテイメントは “キョン・スジンが持った爽やかさと安定的な演技力がもっと輝かしかったら良いだろう”とし “嬉しい心で彼の全方位的な活動を支援する”と言った。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1737338.htm, 2018/11/06 00:00:01]