“アプリ呼び出せば自動車が自ら…” SKT, カーシェアリング自律走行試演

ODx5ViB_o

スマートフォンでカーシェアリング(車両共有) 車を呼び出せば、顧客位置に車が自ら来る技術が開発された。SKテレコムは7日午前国土交通部と韓国道路公社、ソウル大学、ソカ、SWM などとともに京畿道始興市ベゴッセングミョングゴングワン隣近島で2.3km 区間でカーシェアリング用自律走行のため試演行事を進行した。今度試演は国土部が主管した ‘自律走行基盤カーシェアリングサービス技術開発’ 実証課題成果を披露する行事でSKテレコムがソウル大学、延世大などと共同開発した自律走行のため5台が使われた。それぞれジェネシス ‘G80’, 現代自動車 ‘アイオニック’, キア自動車 ‘K5’, ‘レイ’, ‘君で’を改造した車だ。この日行事にはSKテレコムと始興市、ソカが募集した一般人100人が体験団で参加した。体験団はスマートフォンアプリで出発地と目的地を入力して、自律走行のためを呼び出した。周辺自律走行のためは呼び出し直ちに体験団位置を把握して、数分内到着した。目的地に到着すれば、自律走行のためは次の搭乗客を探して移動した。減らす乗客がいなければ車は自ら周辺カーシェアリング駐車場に移動して呼び出しを待った。以後 ‘カーシェアリング用自律走行人工知能(AI)’が一番近くの位置の顧客・車を連結して、最適の走行経路を探す。車は走行の中で内部に搭載された通信モジュールを通じて管制センター、信号灯と話し合って危険要素を避ける。SKテレコムはこれから次世代移動通信(5G)を組み合わせて自律走行と車呼び出し、自律駐車技術を高度化する計画だ。同時に ‘自律走行基盤大衆交通システム実証研究’ 課題も遂行、自律走行技術と交通システムを組み合わせて交通停滞を解決することができる技術を研究している。パク珍肴SKテレコムICT技術院長は “5Gと人工知能が交通停滞、交通事故など道路の上社会的問題を相当部分解決することができる”とし “もっと安全で便利な自律走行時代のために関連技術開発に力をつくすでしょう”と言った。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1737548.htm, 2018/11/07 15:36:12]