ガール・グループドリームノート、彼女しのぐ ‘ライジング・スター’ になるか(総合)

mPFVWiB_o

8人組み新人ガール・グループドリームノート(ユアイ、見たら、ララ、ほほ笑み、愁悶、銀組、ハビン、ハンビョル)が力強い出師表を投げた。メンバーたちの万年平均17.1歳。10台湾の特別なエネルギーを大衆に伝達するという抱負だ。7日午後4時ソウル竜山区漢南洞ブルースクエア子供マーケットホールではドリームノートのデビューアルバム ‘ドリムライク(Dreamlike)’ 発売記念ショーケースが開かれた。’ドリムライク’は夢の空間という新しい世界に進むための過程をデビューを夢見る八少女の現実に投映して表現した。花が咲き始める ‘開化’ 過程のように閉まっていた夢の空間、ドアがあいてビョンファドエオがはドリームノートの盛りだくさんの魅力を見せてくれる計画だ。ドリームノートは所属社iMe KOREAで初めて披露するガール・グループだ。’DREAM(夢)’, ‘ドリーム(差し上げる)’の衆議的表現と ‘NOTE(子供達の空間)’ などの単語が合されて ‘いつもファンに夢を差し上げてその夢を一緒に成して行く’と言う意味を込めた。この日メンバーユアイは “辞書ボスキング舞台とショーケース舞台をしたが、そのまま私どもばかりの舞台は初めてだから他の日よりもっと緊張になる。熱心に練習しただけ私どもの ‘ティングルミ'(ティーンエージャービグルミ) あふれるエネルギーをよく伝達して上げる”とデビュー所感を明らかにした。ララは “ドリームノートを一単語で表現すれば ‘イダドリム’だ。’イダドリム’は ‘これでみんなドリームノートドリームノートするね’の意味だ。私どもの長所と言えるさわやかなビジュアルとカルグンムをお見せする”と力強い抱負を伝えたり。タイトル曲 ‘ドリームノート(DREAM NOTE)’は60年代レトロアップビートポップ基盤で明るくて清凉一杯な雰囲気が目立つ曲で少女たちの覚悟と力強いエネルギーが盛られた家事と舞台の上に上がる時の自信感でいっぱい満たした。なによりも ‘ドリームノート’はガール・グループトゥワイスの ‘イエスオアイエス(Yes or Yes)’, ‘ハートシェーカー(Heart Shaker)’, 彼女の ‘ラブバグ(Love Bug)’, プロミスナインの ‘ラブ夜(LOVE BOMB)’ などを誕生させたデービドエムボ(David Amber)が作曲した曲だ。これに対してほほ笑みは “トゥワイス・彼女先輩たちを含めた人気ガール・グループたちの曲を書いてくれたスター作曲家様に曲をもらった。ドリームノートも負けることができない。私どもも血の汗流しながら練習した。遅い夜明けまで録音してから良い歌が出た”と力をこめて言った。他の女アイドルグループと差別されるドリームノートだけの武器は何だろう。メンバーたちは “特別な演習量”と口をそろえて言った。この日MCを引き受けたチョ・ウジョンアナウンサーによるとグループコヨーテキム・ジョンミンはドリームノートの舞台を見てものすごい演習量が感じられるという話をしたと。メンバーたちが希望する夢の舞台はKBS2 音楽番組 ‘リュウ・ヒヨルのスケッチブック’.理由では “私どもの曲がドリームノートであるだけに多様なジャンルの舞台をお見せしたい”と伝えた。ロールモデルではグループ神話を指折った。メンバーたちは “長い間良いチームワークで活動をしていらっしゃらないか。また舞台を見た時絶えず熱情的にしてくださる姿を見た。私どもが年次が積もっても熱情的にしながらロンクランしたいという心だ”と返事した。一方、ドリームノートは7日午後6時各種オンライン音源サイトを通じて一番目アルバム ‘ドリムライク’を売り出して本格的な活動に突入する。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1737576.htm, 2018/11/07 19:02:40]