キム・ジス、’完璧な他人’で完璧な他人になった理由

8Kk3UiB_o

映画 ‘完璧な他人'(監督イ・ジェギュ)が200万観客を突破した。封切りの前から口コミに乗ったら封切りするやいなや観客の熱い反応を得ている。俳優たちも映画興行消息に気持ち良い認証ショットを公開した。しかしこのなかに笑うことができない一人がいる。俳優キム・ジスだ。7日配給社ロッテエンターテイメントが公開した写真にはユ・ヘジン、チョ・ジンウング、ヨム・ジョンア、イ・ソジン、ソン・ハユン、イ・ジェギュ監督が200万突破を祝う姿が盛られた。このなかに主演俳優に活躍したキム・ジスの姿は見えない。先立って論難になった ‘飲酒インタビュー’で広報日程で排除されたからだ。キム・ジスは先月17日映画 ‘完璧な他人’ 広報のために用意していたインタビューに40分遅れた。当時所属社ナムアクターズは “現場マネージャーと連絡が触れない”と解き明かしたが、実はキム・ジスは前日お酒をたくさん飲んでインタビューに遅れた。ここだけで止んだら記者たちやっぱり “一番(回)はそんなことができる”と移ったが、キム・ジスの態度が問題だった。りんごはなかったし、舌が狂った状態でインタビューをした。取材陣はこれ以上インタビュー進行が不可能だと判断するとキム・ジスは “気持ち悪いか”とし “返事することができるから聞きなさい”と言った。以後彼の飲酒インタビューは水面の上に浮び上がり、論難になった。封切りを控えて ‘完璧な他人’にも影響を及ぼした。論難以後 ‘完璧な他人’ 側は “キム・ジスが自粛の意味ですべての広報日程で抜ける”と明らかにしたしインタビューは勿論、VIP試写会、舞台挨拶などすべての広報日程で排除された。出演俳優が多がった人が抜けるからといって問題になるのではないが映画の中心軸を担当するキム・ジスがはまることやっぱりあまり良い姿ではない。’完璧な他人’の製作陣は先月26日わ会って “キム・ジスさんの仕事は本当に切ない”と言った。引き継いで “皆が苦労して作った映画期のため映画がよくできてほしい心で俳優・スタッフ皆えっこらっしゃいえっこらっしゃいしている”と付け加えた。独特の素材と俳優たちの好演で愛される ‘ワンビョした他人’は2018年韓国映画興行TOP3 中千万映画人 ‘新科一緒に-因果なの’と544万名の観客を動員した ‘ANSI性’を引き継ぐ速度と同時に ‘毒箭’より早い速度で200万観客を突破した。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1737506.htm, 2018/11/07 11:19:52]